恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

子供のシャンプーは毎日?1日おき?正しい洗髪の知識を学ぼう!

      2017/02/11

子供のシャンプーは毎日?1日おき?正しい洗髪の知識を学ぼう!

子供って汗っかき!だからシャンプーは毎日洗うのがあたり前・・・そう思っていませんか?

実は子供が毎日シャンプーするという意見に賛否両論だとか。

どっちが正しいの?子供の洗髪に関する正しい知識を学びませんか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

3歳の子供ってシャンプーは毎日した方がいいの?

冬は屋外もそうですが、暖房が効いているため部屋も乾燥しがちです。肌もそうですが、頭皮も乾燥します。

乾燥しがちな寒い冬にも毎日シャンプーを使って洗うと、かえってトラブルのもとになります。

8歳の娘が以前毎日シャンプーで頭をゴシゴシ洗っていたら、頭皮が乾燥してフケが酷くでてしまいました。

そんな状態に困った時、かかりつけの小児科の先生に教えてもらったのです。

今では夏は毎日シャンプーで洗いますが、冬場は2、3日に一度、その他の日はお湯で洗い流す程度だけです。
特にくさくもならないし髪もパサつくことなく、フケも出なくなりました。

うちは子供の洗髪は病気の時以外、毎日髪を洗うのが普通だと考えています。

子供でも汗腺の数は大人と同じだと聞いたいことがあります。
うちの子供は保育園に通園しているので、お風呂にせっかく入っているのに髪を洗わない、はナシです。
保育園から帰ってきたらまずはお風呂で全身すっきりさせています。

子供の髪を毎日洗うならシャンプー の選び方に注意しよう!

子供の皮膚は大人よりも年間を通してみても水分量や皮脂量が少ないのです。
新生児は逆に大人よりも多くあり、毎日身体を清潔に保ってあげないとあっという間に皮膚トラブルを起こします。
この新生児の頃のイメージから、子供が大きくなっても清潔にしっかりと髪も頭皮も全身をしっかり洗わなければいけないと思ってしまっているのです。

皮膚のバリア機能がどうしても弱い子供なので、洗浄力が高いシャンプーで必要以上に洗ってしまうと、さらに乾燥し皮膚トラブルになってしまいます。
皮膚が敏感な子もいます。その子に合ったシャンプーを選び、その子に合った洗い方を見極めることも大切です。

ではどんなシャンプーが子供におすすめなのでしょうか?

子供の肌は大人とは違います。
子供の頭皮は繊細でデリケートなので、必要な成分まで奪ってしまうようなシャンプーは避けましょう。

店頭には多くのシャンプーが出ています。
どれを選んだらいいのか悩みますが、一般的なシャンプーは洗浄力が高く、お肌に不要な成分も多数含まれています。
石鹸シャンプーはマイルドな成分でできていますが、洗浄力は高いのです。
お肌に大切な保湿成分を残したまま余分な汚れなどを選らんで洗い流してくれるアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

子供が毎日のシャンプーで頭皮がカサカサ・・・こんな場合の対処法は?

ある程度保湿剤でケアをしていても、なかなか頭皮のカサカサがおさまらない場合もあります。その時は思い切って頭を洗う頻度を減らすというのも一つです。

ただ、肌のタイプやコンディションは個人差がとても大きいので、みんながみんな「頭を洗う頻度は〇〇がベストです」と言うことはできません。

そのため、毎日洗っていたのならまずは1日おきに、もともと1日おきで洗っていたなら
2日おきに、2日おきが嫌ならその2日おきの日は軽くお湯で頭を洗うなどのように、荒間を洗う頻度は色々考えることができます。

大切なのは、必要以上に清潔にこだわるあまり、洗いすぎることです。

でも、皮膚に汚れがたまる、髪が汚くなるほどには洗う頻度を落とさないなど、肌や頭皮のコンディションを見ながらほどほどの洗う頻度を見つけていくのが一番です。

とはいっても、洗う頻度のベストは、季節や成長、生活習慣によっても違います。

全ては肌のコンディションを見ながら決めましょう。

また、「洗いすぎない」という意味では、頭を洗うときは手早く、すすぎはしっかりということも大切です。

子供には良いシャンプー剤を使おう!~ある美容師より~

子供や赤ちゃんのお客様をカットしていて気になること、それは頭皮の状態です。あまり良くない子供が増えています。

耳の付け根部分が切れていたり、襟の所が炎症していたり、また頭部全体が赤いなどの状態でも気が付かない親御さんもいます。

それは見ていてもとても「かわいそう」です。
なかには病院へ通っている赤ちゃんや子供もいます。

アトピーやアレルギーで肌の状態が悪い場合もありますが、それ以外の場合、シャンプー剤やシャンプー方法が原因であることが多いです。

あなたの赤ちゃんや子供は頭をかいたりしていないでしょうか?

でもこれはお父さんやお母さんの責任じゃない!
あえて言うなら私たち理容師、美容師の責任じゃないか!ごめんなさい!

だってちゃんとしたシャンプーや洗い方を伝えてないのですから・・・

あなたの家ではどんなシャンプー剤、洗い方をしていますか?

あえてここで言うのは控えますが、髪や頭皮に悪影響を及ぼすシャンプー剤がたくさん店頭に並んでいます。
質が良い高いシャンプーを買ってとまではいいませんが、赤ちゃんや子供には、髪や頭皮に優しいシャンプーを選んであげましょう。

どんなシャンプーを選んでいいのかわからない場合は、担当の理容師や美容師に相談しましょう。
きっと赤ちゃんや子供に合ったシャンプーを教えてくれますよ!

子供の乾性フケはどう治す?

子供の乾性フケで大切なのは、洗いすぎないようにすることです。

頭皮の乾燥が原因なので、シャンプーで頭皮を洗いすぎないようにしましょう。

頭皮の状態によって変わりますが、毎日シャンプーをする必要はないのです。

一番大切なこと、それは頭皮から乾燥を守る事なのです。

普段使うシャンプーの見直しも必要です。

「ラウリル硫酸ナトリウム」という合成界面活性剤がシャンプーに含まれるものは、洗浄力が強いので注意しましょう。
指定成分といわれるほどなので、乾燥して傷がついている頭皮に使用するのは怖いものです。

シャンプーの見直しの他にも大切なのが、頭皮の保湿です。

頭皮の乾燥対策にローションを使って保湿するのもおすすめです。
その場合、酸化しにくい「椿油」を使うと効果的です。

洗いすぎないようにとか当たり前に思うかもしれません。

でも、洗わないようにすことで本当にフケがおさまるから不思議です。我が家の息子で実証済みです。

今でもシャンプーで洗わず、お湯だけで洗い流しています。
これ、「お湯シャン」て言うって知っていましたか?

とりあえずは、かさぶたや傷がある場合の頭皮には、洗剤を使わないという手もありです!ぜひお試しを!

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ