恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

発見!朝牛乳を飲むと下痢になる原因はこんなことだった!

      2017/02/11

発見!朝牛乳を飲むと下痢になる原因はこんなことだった!

朝牛乳を飲むと下痢確定!そう思っている人が多くいるようですが、その原因は何なのでしょうか?

体質からなの?それとも他に原因があるの?

大好きな牛乳で下痢したくない!そんな人のために原因と対処法を教えます!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

朝牛乳を飲むと下痢する人が多いのはなぜ?

あなたは朝牛乳を飲んで、お腹がゴロゴロしたり、下痢することはありませんか?

日本人の約半分以上の人が牛乳を飲むと下痢をする事態に陥ってしまう・・・そんな話を聞いたことはありますか?

実は私もその一人・・・通勤の電車の中でお腹がゴロゴロし始め、ガマンができず途中下車してトイレに駆け込んだことが何度もあり、このまま治らないものだとあきらめていました。

自分の場合はお腹が痛くならないように、成分調整牛乳を温めてから飲むことで少しは改善される場合が多いのですが、体力が落ちていると感じる時は、それでも下痢になってしまいます。

実はこれは「乳糖不耐症」と呼ばれるもので、「急に激しい下痢に襲われる」「お腹がゴロゴロする」「気分が悪くなる」など症状の現れ方は人それぞれだと言われています。

乳糖は乳糖分解酵素ラクターゼによって小腸でぶどう糖とガラクトースに分解され吸収されてエネルギー源として役立っていると言われています。しかしラクターゼの分泌が少ない、もしくは働きが弱いことで、乳糖が分解されずに大腸に運ばれ、そこで腸内細菌が乳糖を分解してガスを出し腸を圧迫したり、浸透圧を上げて腸壁から多量の水分が染み出して下痢を引き起こすことが原因と言われています。

朝牛乳を飲んでも下痢にならない方法ってあるの?

どうしても朝牛乳を飲んでから出かけたい・・・そんな人のために牛乳を飲んでも下痢にならない方法はあるのでしょうか?

まずは一気に飲まず、ゆっくり飲むようにしましょう。なぜか牛乳ってついついゴクゴク飲んでしまってませんか?実はこれが間違い!牛乳をゆっくり飲むことで、下痢を起こす確率が低くなると言われています。

ゆっくり少しずつ飲むことで、牛乳を消化する酵素が出てくるので、耐性が付くようです。このことを心掛けて飲んでみましょう。

そして乳糖をカットした牛乳を飲むこともおすすめです。
牛乳を飲むと必ずお腹が痛くなるという人は、牛乳を買う時にも注意してください。お腹がゴロゴロする原因は乳糖です。最近では乳糖をカットした牛乳も販売されているので、それを買って飲めば、下痢になる確率は下がるでしょう。

有名な商品では「アカディ」というものがあります。パッケージにお腹が痛くなりにくいと書いてあるので、見つけやすいです。

後は牛乳を温めて飲むのも良いでしょう。温めることで乳糖が分解される効果はないですが、消化機能を促すことができます。そして温かい牛乳は一気に飲むことはできません。自然とゆっくり飲むことになります。

寝る前のホットミルクは安眠効果もあります。ぜひ試してみてください。

昔は大丈夫だったのに今牛乳を朝飲むと下痢になる・・・その対処法は?

中学生や高校生の頃は何でもなかったのに、20代半ばになると朝牛乳を飲むことで下痢になるようになりました。それから乳飲料はアカディとか乳酸菌系のものしか飲まないようになりました。

10年間くらいそんな生活を送っていたのですが、いつのまにかまた牛乳をゴクゴク飲めるようになり、下痢もしなくなりました。

もし牛乳を飲むことで下痢になるのであれば、しばらく他の飲み物を飲むようにしてもいいのではないでしょうか?牛乳を飲まなくても病気にはならないので・・・乳酸菌入りの牛乳のようなものもあるので、いろいろ試してみるのもアリです)。

もしかすると、なんらかの理由で冷たいものに反応しているかもしれませんね。
どうしても牛乳が飲みたいのであれば、温めて飲んだり、ココアに入れて飲んでみたり、カフェオレにしたりなど、ミルクの配分を多めにして試してみてはどうですか?

それでもダメなら、専門家の人に相談してみましょう。

便秘解消のための牛乳の飲み方とは?

便秘解消になると言われている牛乳。そのためにはどんな飲み方がベストなのでしょうか?

まずは1日2~3杯の牛乳を飲みます。4杯以上飲むことにより、下痢までではなくても 軟便になることもあるので注意して下さい。1日の目標カルシウム量は最低600mgとなっていますが、1日コップ3杯(約600ml)で660mg摂取できるので、できれば3杯がおすすめです。

飲むタイミングもあります。朝起きたらすぐにコップ1杯の牛乳の飲みましょう。朝頭は働いていなくても腸は最も働いていると言われています。牛乳の飲むことで腸をさらに刺激するので、より腸を活発に動かすことができます。

飲み続ける期間ですが、便秘解消が目的であれば最低でも1週間は飲み続けましょう。そして効果が出ないようであれば、控えるようにしましょう。

牛乳を飲むことによってお腹がゴロゴロする人は牛乳を温めて飲めば便秘解消に効果が出るでしょう。

便秘解消のための牛乳の飲み方は朝起きて1杯、そして昼と夜にそれぞれ1杯ずつ飲んでカルシウムの補給するのが一番おすすめです。

そして牛乳よりもココアの方が便秘解消には良いと言われています。

ココアにはリグニンという善玉菌が含まれているので、整腸効果が期待できます。また水溶性食物繊維も含まれているので、便を柔らかくする効果もあります。牛乳との相乗効果もあるので、ココアに牛乳を入れて飲んでみましょう。

なぜ牛乳を飲むと腹痛が起こるの?

なぜ牛乳を飲むとお腹が痛くなるといわれるのでしょうか?

「乳糖不耐症」という症状がありますが、牛乳の中は乳糖が含まれています。

この乳糖を分解する酵素が腸の中で足りなくなっていたり、または酵素がない時に牛乳を飲むと、下痢や腹痛を起こることがあるようです。これがいわゆる「乳糖不耐症」とよばれるものです。

これを聞くと、牛乳はお酒と同じだと思ってしまいませんか?
お酒も酵素が少ない時やない時に、すぐに酔ってしまうと言われていますよね。

特に大人になってからの方が急に腹痛が多くなり、そこで牛乳を飲むことを止めたら、腹痛が治るというケースもあるようです。
意外と気づいていない腹痛の原因が「牛乳」の可能性もあるうようです。

そして日本人の60%近くが、ラクターゼと呼ばれる酵素が少ないと言われているようです。事実かどうかははっきりとは言えませんが、少なくとも牛乳が原因で腹痛になるのは、あり得る話だと言えます。

 - ライフスタイル, 病気・薬

ページ
上部へ