恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

手の甲を骨折したときの症状・原因・治療・リハビリについて

      2017/02/11

手の甲を骨折したときの症状・原因・治療・リハビリについて

手の甲を骨折したときの症状とはどのようなことなのでしょうか?

また、手の甲を骨折する原因や治療とはどのようなことなのでしょうか?

そこで手の甲を骨折したときの症状・原因・治療・リハビリについてまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

手の甲の骨折のリハビリ方法

骨折をした場合、治療方法としてギプスなどで患部をある一定の期間固定することになりますが、この方法が骨折後にリハビリが必要となってしまう一番の原因になります。

具体的に言うと、骨折の治療のために長期間患部をギプスで固定すると。患部の周りの筋肉が衰えてしまい、固定していたために動かせない関節の部分も硬直してしまいます。つまり、骨折後のリハビリによって治すのは骨自体ではなく、固定するという治療方法によって衰えてしまった筋肉や固まってしまった関節を元のように動かせるように治すことなのです。

よく骨折後のリハビリと聞くと、リハビリにyほって治すのは骨を強くすることだと勘違いする人もいるといいますが、本当は骨折後のリハビリにyほって周りの筋肉と関節の機能を回復させるのが目的です。

骨折で治療中の人のリハビリというと、骨が折れていて治療している真っ最中なのに、リハビリを始めていいの?を疑う人も多いと思います。でもその答えは「大丈夫」です。

ただし、骨折で治療している時のリハビリというのは、折れている骨自体を動かすということではありません!治療中に固定されていて動かすことができない患部の周りの筋肉や関節を動かすことが目的でリハビリをします。

それではなぜ治療中なのに、患部のまわりの筋肉や関節を動かさなくてはいけないのでしょうか?

その答えは患部の周りの筋肉の衰えや関節の硬直を防ぐためといえます。

手の甲の骨折の症状・原因・治療、リハビリの前に

中手骨骨折について説明します。

中手骨骨折とは手の中でも指ではなく、手のひらや手の甲にある骨(中手骨といいます)の骨折を指します。事故やケンカなどで中手骨に強い力がかかって起こる場合が多いと言います。
中手骨骨折は、骨の真ん中の骨折(中手骨骨幹部骨折)・中手骨の先端部分(指の近く)の骨折(ボクサー骨折)・親指の中手骨の骨折(ベネット骨折)の3つに分けられます。

一番多く発生するのは薬指、小指の中手骨だと言われています。そして強い衝撃が加わると第2、3中手骨(人差し指、中指)の骨折も起こることがあります。

症状としてはパンチ衝撃後の手の激痛や腫れ、手の甲の変形、衝撃が強い場合、骨が皮膚を破って外に出てくることもあります。

レントゲンで調べることができ、まず骨折の有無を調べ、骨折の後に骨のずれ具合も調べます。

知慮方法としては手術はしないで、整復して固定するだけでも治ると言われています。

その後2か月以上たってから、再度レントゲンで骨の癒合をチェックします。

手の甲の骨折のリハビリについて

手の甲を骨折した後、どんなリハビリを行うのでしょうか?

手術後または保存療法をしている時にリハビリを行ることになります。中手骨骨折に限らず、骨折した場合のリハビリは早く始めることが一番重要だと言われています。

中手骨骨折の場合は、手術後4週間目くらいまでは第三関節を固定するテーピングなどの装具をつけて、日常生活でどんな動きをするのか、固定されていない関節を動かしてみるなど、その動きで腫れが出ないかなどを理学療法士の指示のもと行います。

手術後4週間目意向にmなると、医師の診断結果(骨の状況)をチェックしながら、段階をふんで固定する装具を外して関節を動かしてみるなどのリハビリが開始されることになるようです。

リハビリをさぼってしまうと関節が固まって後遺症が残るのでは?と気になりますが、ムリに動かして骨やじん帯がずれて再度手術することも心配になりますので、理学療法士の指示にきちんと従って正しい知識をもってリハビリを進めるようにしましょう。

リハビリで動くようになる?

筋肉がこうしゅくすることってあるのでしょうか?

実は実際に脳梗塞などで筋肉のこうしゅくが起きる例はたくさんあると言われています。

ほとんどの病院のお医者さんから絶望的ともいえる言葉を言われて、あきらめてしまう人も多くいるのが実情です。それでもごく一部の人を除いては、ほとんとの人が回復します。
ただし、脳梗塞などが原因の場合はその病気になる前までの状態にも戻ることは難しいこともあります。

でも「全く動かない」と思い込んでいた人たちが回復したという話は現実にあります。それには正しい方法が必要なことと、リハビリの時にだけではなくそれ以外でも練習しようとか使おうという意識が必要です。それでなければ、どんな方法を使っても回復しないのではないでしょうか?

脳に原因があるという訳ではなく、骨折などでの筋肉のこうしゅくなら回復は可能です(ただし神経か完全に切れている場合は難しいかもしれません)

手首骨折はリハビリが大事!

手首の骨折は、ちょっと転んで倒れた時に強く突いてしまうことでも起こってしまうことがあります。

手首を骨折したからと言っても、他の骨折と同様にギプスをして固定し、自然に治癒する方法が取られます。ギプスで固定した後、ある程度手首が治癒してくればギプスを外すことになっていきますが、その後のケアが重要になります。それが「リハビリ」です。

なぜリハビリを行わなければならないのでしょうか?それはギプスで固定されることによって使われなくなった手首の筋肉が萎縮してしまっていて、ひどい場合は手で物をつかむこともできなくなってしまうこともあるからです。

そのため日常生活で必要な筋肉を元のように使えるようにするためにもリハビリが重要となります。

その後骨折が治り、ギプスを外した後にむくみが起こったり、痛みが伴うことがあります。
むくみや痛みは手首を動かすことができるようになると発症してしまうことがあり、比較的治りにくいとも言われています。こうした症状に対しても、リハビリを根気よく頑張って続けることによって解消可能なので、完治を目指してリハビリを続けていくようにしましょう。

 - ライフスタイル, 生活

ページ
上部へ