恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

ピアノの先生は恋愛や結婚と縁遠くなりやすいらしい!

      2017/02/11

ピアノの先生は恋愛や結婚と縁遠くなりやすいらしい!

ピアノの先生って優雅で立ち居振る舞いのきれいな女性が多いイメージがありますよね。
でも、どうやらちまたではピアノの先生は恋愛や結婚をする機会が少ないとささやかれているみたい。

ちょっと気になるピアノの先生の生活や恋愛事情について情報を集めてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

ピアノの先生、経済的にけっこう厳しい!恋愛結婚は条件も考慮。

あなたの近所で「ピアノ教室、生徒募集中!」と書かれた張り紙をしてある家を見かけたことはありませんか?

ピアノの先生って実際どんな生活をしているんだろうって気になりますよね。でも仕事として考えた場合、自宅でできる仕事なので家賃はかからないとしても、高収入の仕事とはいえないようです。

ましてや独立して教室スぺースを確保して生活していくには、相当の覚悟が必要になるでしょう。実家暮らしで両親と同居しているからこそグランドピアノを置くことができるし、生活もできている・・・そんなピアノ講師が多くいます。

現代では、女性も経済的に自立していけるだけのお金を稼がなくてはいけません。ピアノ講師だけでは自立した生活をしていけない可能性もあります。

もしあなたがピアノ講師をやりたいなら、ピアノを教えながら無理のない仕事を探して自立することを目指しましょう。その上で見た目や性格が気に入った男性を探した方がより現実的ではないでしょうか?

そして思い切って一人暮らしをしてみた方が、自分と一緒に人生を歩んでくれるパートナーとしてどんな人が良いのか、見えてくるかもしれません。

その上で、たとえ収入はたとえ少なくても、音楽が好きで、音楽講師という職業に理解を示してくれる相手を探してみましょう。

ピアノの先生が恋愛や結婚から縁遠くなりがちな理由とは?

実はピアノの先生をしていると、恋愛できないとか独身生活が長くなるとか言われているようですが、その理由は何なのでしょうか?

一番の理由は「出会いの機会がない」こと。ピアノを教える相手は子供たちか、ヒマな人、そして退職後の人たち。先生の仲間も女性ばかり・・・そんな境遇なので、出会いの機会は少ないと言えます。

そして運よく出会えて付き合えても、相手が普通のサラリーマンだと時間が合わないようです。レッスンの時間帯が夕方以降や週末になってしまうので、デートする時間が合わないのです。時間が空いた時には自分自身の練習にあてなくてはいけないし、発表会などの準備でもかなりの時間が割かれます。

実質的には自営業なので、ヒマになることに恐怖感を抱く場合も。たとえスケジュールが空いていても埋めたくなってしまうので、ますますデートの時間がなくなってしまう悪循環が起こります。

そしてピアノの先生になっているということは、子供の頃から親がお金をかけてくれています。自宅にピアノを置いて、先生を招くというのは一般的な家庭では厳しいこと。しかも音大などを卒業してる可能性もあり、音大の受験準備のための費用もかなりかかっています。

そんな家庭で育ったピアノの先生のお父様は立派な職業についている場合も多いことから、結婚相手を探すとなると父親レベルかそれ以上を求めている場合が多く、結婚から遠ざかってしまう可能性が高いといえます。

ピアノの先生との恋愛はその生活を理解しておかないと失敗する。

ピアノ講師ともなると、ピアノの腕を維持するために毎日2~3時間くらいは練習していると言われています。

またピアノ教室に所属して教える仕事をしている場合、一つの教室だけで教えられるほど生徒の数は多くないので、長い時間をかけて通勤することも。もちろん運が良ければ一つの教室であっても生徒数がたくさんいる場合もありますが、そこまで生徒数の多い地域は実際には少ないのが現実です。

そしてピアノ講師の一番の問題点は、サービス業なので土日出勤が多いということです。

そのため、恋愛してもすれ違いが起こったり、結婚しても家事や子育てに時間がかけられない時もあります。もし家事や育児に時間をかけてほしいと言われるようであれば、ピアノ講師としての仕事をいつまで続けるか、きちんと話し合っておくことが大切になります。

ピアノ講師は小さい頃から英才教育を受けていることが多く、ピアノ以外のことに対して苦手意識を持っている場合もあります。俗にいう「お嬢様」育ちです。

ピアノなどの音楽を職業にしている人は小さいころから習っている人で、親がエリート、お金持ちで、ほとんど親に頼ってきた人が多いのでは?

ピアノ講師全員というわけではありませんが、ほとんど家事などをしたことがない人も実際にはいます。そして指が商売道具なので、手や指を怪我する可能性がある行動は制限されていることもあります。

ピアノのためにスポーツや家事を諦める人もいるといいます。ピアノ講師として生活してく上で、どんなことに注意しなくてはいけないかをしっかり交際相手と話し合っておけば、結婚後のトラブルも起こりにくいでしょう。

先生と生徒という立場での恋愛の難しさ。告白には覚悟が要る!

ピアノ講師がもし生徒に恋してしまったら、告白するのってアリなのでしょうか?

もし告白してしまうと、生徒を失うということになるかもしれません。もしうまくいったとしても、先生と生徒の関係は続くのいで、月謝をどうするかという問題も出てくるかもしれません。

上手くいってもいかなくても、生徒を失う可能性は大と言えるでしょう。恋人ができたからいいや・・・なんて思うほとの自信も持てないでしょう。

もしあなたがどこかに所属しているピアノ講師であれば、なおさら注意する必要があります。あなたが生徒で、もし好きではない先生から告白されたと想像してみて下さい。本部などに講師から告白された、セクハラだと訴えられるかもしれません。ピアノ講師は他の生徒も失うかもしれません。そのくらい「告白」することはリスクを伴います。

もしピアノよりも恋愛をとるというなら、ピアノ講師を辞める覚悟または辞めてから告白するようにしましょう。フラれた生徒を見るのも気まずいし、生徒を恋人にすることもできません。ピアノか恋愛が、どちらかしかないのです。

音楽を職業としている人は音楽をしている自分を認めてくれる人を恋人にしましょう。ピアノの練習をしたいからデートできないと言った時に、「頑張ってね」と言ってくれる人が良いです。
自分よりもピアノが大事なの?という人とはお付き合いできないでしょう。

ピアノを通して思いやりを伝える先生のエピソード。

生徒のことを思っていろいろなことをしているピアノ講師。

たとえば風邪で休んだ生徒に対して2~3日後に「体調はもう大丈夫?」とさりげなく電話をしたり、誕生日には当日届くようにバースデーカードを送ったりする先生もいるといいます。

他の習い事の発表会などに行ってあげることもあるとか。

もちろんこんなことまでしなくても、特にレッスンや教室運営には影響はありません。むしろ電話代もかかるし、相手のタイミングを見なくてはいけない必要性だって出てきます。

なのになぜそこまでしているのでしょうか?

先生に聞いてみると、理由が存在しているわけではなく、生徒のことを考えると自然に行動してしまう・・・そんなイメージだといいます。

人は誰でも自分のことを大切にしてくれる人には、感謝の気持ちを伝えたくなるものですし、とにかく嬉しいと感じます。

単なる電話やたった一枚のカードですが、「先生は自分のことを見ていてくれているんだ」そう感じて嬉しくなる子供は多いのではないでしょうか?

人は人を思うもの。自分を思う人には、そこにある「思い」を感じて、さらに「その人」を思うものです。

 - 恋愛

ページ
上部へ