恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

結婚式で招待する人数の割合はどのくらい?そんなお悩みを解消!

      2017/02/11

結婚式で招待する人数の割合はどのくらい?そんなお悩みを解消!

結婚式に招待する人数は、どう決めるのが良いのでしょうか?

新郎新婦の招待客に差が出た場合、割合はどう決めるのが良いのか?

新郎側に合わせる?少人数の時の結婚式はどうすべき?解決法を集めてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

一般的な結婚式の人数の割合はどのくらいが平均か?

結婚式の招待客どこまで呼んで何人くらいがいいのか悩みますよね?
平均は60人から80人となっています。

すごく親しい友達や身内だけの式の場合ですと30人ほどでささやかな式を考えているのであればちょうどいい人数になります。
リゾートウェディングなんかもこのくらいの人数がいいところではないでしょうか。

親しい友達はみんな呼びたいとなれば30人から60人くらいで、あまり大きな式にはしたくないと考えている人にはいいくらいですね。

親族、友達、職場の人など最低限の人を誘うのが一般的なイメージだと思います。このくらいの招待で平均60人から80人くらいの式となります。

友人全員に声をかけたいとなれば、80人以上になり式場も大きめになり大きな式になってきます。

ナイトウェディングを考えている人は2次会を用意できない場合もあり、招待したい人みんなに声をかけることになるので、100人以上のすごく大きな式なんてこともありますよ。

結婚式の招待客の人数の割合が違った場合は、新郎側に合わせた方が無難

結婚式を挙げるときに新郎と新婦の招待客の割合って気になりますよね。
新郎側の招待客を新婦側の招待客より多くするのが一般的と言われているようですね。
そんな時新婦は自分は友達に結婚式に呼ばれたのに、自分は呼ぶことが出来ないなんてことも起こってきます。

招待人数の割合なんて気にせずに呼びたい人を招待したいですよね。
新郎さんや彼のご両親、プランナーさんに相談してみるのが一番です。

近頃では新婦側が多いことも結構ありますよ。
新郎の来賓に女性の友人を招待なんてこともあるくらいです。

ただし自分だけの問題ではないので新郎はもちろん、ご両親に了承を得てからの話になります。

男性によっては見栄を張りたいので新婦の招待客が多い式だと、嫁さんの尻にしかれているのかなとか、新郎家族をかわいそうに思う人や、見栄っ張りな嫁さんと思われたりするのが嫌で嫌がる人もいます。

まずは話し合って気持ちを一つにすることが大切です。

結婚式の人数に差がありすぎた時、割合を合わなくても良い

結婚式の日には親族紹介というものがあります。両家が集まりお互いの親族を紹介する場になります。
親族は全員集まれることに越したことはないです。相手の親族よりも少ないとかは気にする必要ありません。
健康面などの問題がない限りは親族は全員招待するべきです。

職場の人を招待する場合も基本は親族を招待するのと同じ考えがいいです。
もし招待する人と招待しない人に分けると、みんな同じ職場なので招待された人と招待されてない人が顔を合わせ結婚式の話になってしまうと、自分は招待されてないとわかり気まずくなってしまいます。
これからの人間関係に影響がでてしまいます。ですので職場の方は関わりのある方は全員招待するべきです。

また友人の招待に関しても同じことが言えます。招待しないことで後々の関係が変わってしまうかもしれません。
そんな後悔をしないためにも出来るだけたくさんの友達を招待するのがいいですよ。

このように関りがある方をみんな招待していると、新郎新婦の招待客の人数が同じになるわけがありません。
せめて職場と友人の招待客の人数を合わせるべきなのか気になるところですが、人数はちがって当たり前です。気にする必要はありません。

もしご両親が気にするようであれば、二人共交流のある友人を新郎新婦の共通友人として招待して数を合わせるといいですよ。

結婚式に招待する人数はどう決める?決め方のポイント

結婚式に招待する人を決めるのって悩みますよね。
自分と関りのある人みんな招待したいけれど、結婚式の会場を小さくして費用を抑えたい場合もあったり、お互いの招待したい人数があまりにも違いすぎたり、人数調整が必要になってくる場合もあります。

そんな時は、新郎新婦がそれぞれ「絶対に招待したい人」と、「招待できればしたい人」に分けてみる必要があります。

そして「招待できればしたい人」をさらに仕事関係の人なのか友達関係の人なのかに分け、友達もいつからの友達なのか細かくグループに分けていきます。
そして新郎と新婦の招待客を合わせていく方法があります。

あまりに人数の違いが出るようでしたら、ここのグループまでというルールを作り、招待したかったけど出来なかった人を二次会からの招待にするという方法もあります。
人数調整をするにあたってルールを作って割り切ることも重要ですよ。

「少人数」で挙げる結婚式をする時はプランナーさん選びも重要

最近では少人数の挙式も人気があります。
式場選びの際には少人数の式が挙げられる場所なのか確認しましょう。
少人数プランというのも出てきているので、少人数でも結婚式を挙げられる式場を探すのはそこまで苦労はしないはずです。

式場によって少人数ならではのオリジナルのプランがあるところや、少人数だからこその式に力を入れているところもあります。
反対に少人数に力を入れてないところもあります。そういう場所だと少人数だからこそのの式にはならずただの食事会みたいな式になってしまう可能性もありますので式場選びは重要です。

ブライダルフェアに行けば大体の雰囲気はわかると思います。
その時にプランナーさんに少人数の式を挙げたいという話をしてみてください。話をしっかり聞いてくれないような場合はその式場は考え直しましょう。
プランナーさんが具体的な話やアイデアなど相談に乗ってくれるかが重要になってきます。

 - 結婚

ページ
上部へ