恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

結婚式を安くしたい!日取りや自作アイテムで【格安結婚式】を!

   

結婚式を安くしたい!日取りや自作アイテムで【格安結婚式】を!

これから結婚式を挙げようと考えているカップルの中には、結婚式の費用をなるべく安く抑えたいと思っている人もいますよね。急に結婚式を挙げることになって、資金を用意できていないというカップルもいるでしょう。

結婚式を挙げると、一般的には数百万円の費用が掛かってしまうものですが、実は安い料金で結婚式を挙げることも出来るのです。

結婚式を安くするテクニックやポイントをしっかり押さえて、安くても思い出に残る素敵な結婚式を挙げましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ハネムーンで後悔しないおすすめの旅行先ベスト25!

ハネムーンのおすすめ旅行先ベスト25をご紹介します。 ...

バツイチが婚活をするときのタイミングとは?おすすめな方法をご紹介

そろそろ婚活を始めようかな・・と考えているバツイチの方はどん...

元彼と復縁したいと思う女性達へ!大事なポイントやテクを紹介

別れた彼のことが忘れられない・・・出来れば復縁したいと思って...

彼氏や彼女に振られた!復縁するためにやるべきこと

彼氏や彼女に振られたけど、好きだからもう一度やり直したい、復...

30代の婚活の現実は厳しいって本当!?勝ち抜くための方法を教えます

30代になって婚活が難しくなったと、周りから耳にする事はあり...

結婚式を安くしたい!日取りや自作アイテムで【格安結婚式】を!

これから結婚式を挙げようと考えているカップルの中には、結婚式...

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

この記事の内容

結婚式の費用を安くするテクニックは「契約前」が大事!

結婚式は新郎新婦二人にとって、一生に一度の晴れ舞台になります。色々とやってみたい演出があるでしょうが、先立つものはやっぱり「お金」ですよね。

結婚式を挙げる前に十分な費用を用意できているカップルもいれば、そうでないカップルがいるのも事実。結婚式の費用を抑えても、思い出に残る結婚式を挙げるにはどうしたら良いのでしょうか。

契約の時に大切な事・契約前

結婚式を挙げる時、なるべく費用を節約したいと思う人も多いでしょう。結婚式の費用を安く済ませるのには、契約書にハンコを押す前の段階が非常に大切です。この段階でしっかり話をして、値引き交渉を行いましょう。

ハンコを押した後だと、大幅な値引きはしてもらえないと考えた方が良いです。契約のハンコを押す前に、きちんと結婚式のプランなどを話し合って、値引き交渉をしましょう。

悩んでいる素振りを見せる!

結婚式場を決める時は、話し合いの時にまだほかに候補の会場があるような素振りを見せるのも良いです。そうすれば、自分たちにとってより有利な条件を引き出すことも出来るのです。上手に演技して値引き交渉をしてみましょう。

知り合いのコネも使えます!

知り合いのコネクションがあれば、そういったものを利用しても良いですね!結婚式を行おうと予定している会場に知り合いがいれば、一度話をしてみると良いです。ラッキーな時は社員割引を適用してくれることもあります。

アンケートの記入方法や見積もりの立て方

会場の見学に行くと、アンケートを書かされることがほとんどですが、この時に見栄を張って予算を高く書いてしまうのはNG!自分たちが考えている予算よりも低い金額を書くようにしましょう。

反対に、見積もりを出してもらう時は、一番高い料金で見積もりをしてもらう方が良いです。自分たちが結婚式でやりたいと思っていること全てを盛り込んで見積もりを立ててもらいましょう。そこから演出を減らしていけば、後で予算オーバー!なんてことにはなりません。

「本日中に決めたら割引」は鵜呑みにしない!

時々、「本日決めていただければ割引いたします」ということを言われることもありますが、この言葉を鵜呑みにしてはいけません。この言葉は契約を取るためのテクニック!信じてしまうと後で「失敗した!」と思うこともあります。

無料で式場を紹介してくれるところを利用すると損をしている可能性も

無料で結婚式場を紹介してくれるというところもありますが、これって本当にお得なのでしょうか。結論から言うと「お得ではありません。」

式場を紹介してくれる業者の中には、結婚式場から依頼を受けてその会場を紹介している業者もあります。

そうすると、その業者は結婚式場からお金をもらっていることもありますので、純粋におすすめしたい結婚式場ではない可能性もあります。

本来はもう少し安い料金かもしれないのに、結婚式場から結婚式場の紹介所に支払うお金を上乗せされて請求されていることもあるのです。

契約をしてしまった後でも料金を抑える方法

契約をしてしまった後でも、その式場で行われている「ブライダルフェア」に参加することで、割引サービスを受けることが出来ます。ブライダルフェア当日限定の割引などを利用すると、少しでも節約をすることが出来ますよ!

また、以下のような方法でも料金を抑えることが出来ます。

【契約後に結婚式費用を抑える方法】

・招待状や席札を自分で作る
・余興の映像を手作りする
・式場で用意される備品を自分で購入する(紙袋など)
・友人に結婚式の司会を頼む
・ビデオや写真撮影を友人に頼む
・新郎新婦に出される料理の品数を減らす
・追加の演出の数を決めてそれ以上増やさない

こういった部分を見直すことでも、結婚式費用の節約をすることが出来ますよ!

予算オーバーした時の対処法

それでも予算よりも実際の金額がオーバーしてし合った場合、結婚式に招待するゲストの人数を減らしてみるという手段もあります。

招待しようと思っている人を再度見直してみて、「この人は披露宴から招待しなくてもいいかな」という人は、2次会からお誘いしてみるという方法もあります。

結婚式の予算をオーバーしそうな場合は、招待状を出す前に招待客リストを見直してみましょう。

結婚式の費用を10万円以下にすることも?!【格安結婚式】の魅力

結婚式の費用をなるべく安く抑えたいという人に人気なのが「格安結婚式」です。この格安結婚式の魅力や特徴を知って、実際の結婚式にも生かしてみましょう!

格安結婚式の魅力って?

安い料金で結婚式を挙げることを「格安結婚式」と言います。普通は結婚式を挙げる時に選ばない時期や時間帯を選んだり、仏滅に結婚式を挙げるなどして、結婚式の費用を安く抑えることが出来るのが魅力です。

「結婚式を挙げる日取りよりもとにかく料金を安くすることが最優先!」というカップルに選ばれることが多い結婚式です。

結婚式の種類を選んで安く結婚式を挙げる

結婚式には色々なスタイルがありますよね。格安結婚式を挙げる場合は、「挙式しか行わない」「写真撮影しか行わない」「親族だけで結婚式を挙げる」など、自分たちの予算に合った結婚式の形を選ぶようになります。そうすることで格安で結婚式を挙げることが出来ますよ!

結婚式場によっては割引プランもあります!

結婚式場には色々なプランが用意されています。平日に結婚式を行う場合は平日割引、仏滅に結婚式を挙げても良いのであれば、仏滅割引というものもありますので、そういったものを活用して結婚式を挙げるという方法もあります。

こだわりを演出して料金を抑える

結婚式場によっては、ブーケや衣装を持ち込むことが出来るところもあります。料金を安く抑えたいという人は、結婚式場に持込が可能かどうかを確認して、手作りの品物などを持ち込んでこだわりを演出してみるのもおすすめです。

自分たちの手作りの物で結婚式を演出することで、思い出に残る結婚式を格安で行うことも出来ますよ!

結婚式を低予算で抑えたい!安く結婚式を挙げるポイントは?

結婚式を低予算で抑えるにはいくつかのポイントがあります。ポイントをしっかり押さえることで、費用を安く抑えることが出来るだけでなく、思い出に残るあったかい結婚式を挙げることも出来ますよ!

自作アイテムで結婚式費用を抑える

結婚式を挙げる会場に、手作りをして持ち込むことが出来るアイテムは何か聞いてみましょう。自分でアイテムを作ると、費用を安く抑える事が出来ます。

手作り出来るものは作る

結婚式の招待状や席札・ブーケやビデオ映像など、自分たちで作ることが出来るアイテムを手作りするのはおすすめです。
結婚式に向けて、二人で手作りのアイテムを作って最初の共同作業をしてみるのも良いでしょう。
手作りのアイテムで招待客の方々を温かくおもてなしするのも良いですね!

会場に持ち込む

ウエディングドレスや身に付けるアクセサリーなど、当日の新郎新婦の衣装をネットなどを利用して安く購入して会場に持ち込む事で、料金を節約することが出来ます。

結婚式場でレンタルするよりも安い値段で持ち込むことが出来れば、費用の節約が出来ますね!
自分のお気に入りのデザインのドレスを見つけて購入すれば一生残しておくことが出来ますから、思い出と一緒に保存しておくのも良いでしょう。

平日に結婚式を行うと料金を節約できる!

一般的には土日祝日にお休みの会社が多いため、平日に結婚式を行うカップルは少ないです。このため、平日に結婚式を行うと平日割引のプランで結婚式を挙げることが出来る結婚式場もあります。

新郎新婦や家族、結婚式に招待する人たちの予定が大丈夫であれば、平日に結婚式を行うと料金を安く抑えることが出来ます。

料金は会場によって割引サービスが異なるので、結婚式を挙げようと思っている会場に確認してみると良いですね!

一般的な結婚式ですと、ゲスト一人当たりの料金が3万円~4万円になりますので、それよりも安い金額で結婚式を挙げることが出来ます。

ナイトウェディングでロマンチックな結婚式

夕方から夜の時間に挙式を行い、夜に披露宴を行うというのがナイトウエディングのスタイルです。
一般的な結婚式は朝早くから会場に行って準備を行いますが、ナイトウエディングの場合は午後から準備をすることが多いです。夜に行うことで、昼間では感じることが出来ないロマンティックな結婚式を挙げることも出来ます。

夜景がキレイな場所を選ぶ

ナイトウエディングを挙げようとしているのであれば、夜景がキレイに見える会場を選ぶのがおすすめです。
また、会場を優しいキャンドルの光で包み込む演出をしたり、夜の暗さを利用して素敵な雰囲気の結婚式を挙げられるように演出するのがおすすめです。

H4ナイトウエディングの料金は?

ナイトウエディングは、ゲストが40人で65万円前後というものもあり、ゲスト一人当たりにして1万5千円~2万円程度の料金で結婚式を挙げられるようになります。

夜の遅い時間に結婚式が終るため、2次会を行うことも少なく、2次会にかかる費用を節約することも出来ます。

ですが、遠方から招待している人は宿泊をする必要も出てくるのでお車代がかかることもあり、そういった点も前もって考慮して決めると良いですね!

マタニティウェディングでお腹の赤ちゃんと一緒に結婚式を

おめでた婚の人や、この先産まれてくる赤ちゃんの為に料金を極力安く抑えたいという人もいますよね!そんなカップルにおすすめなのがマタニティウエディングです。

お腹に赤ちゃんがいる新婦さんの体を気遣ったプランや、安い料金設定で結婚式を挙げることが出来るプランがあります。

マタニティウエディングは家の近くの結婚式場を選ぶ

お腹に赤ちゃんがいる状態で結婚式を挙げるのは、新婦さんの体やお腹の中の赤ちゃんに負担をかけてしまうこともあります。

なるべく自宅に近い結婚式場を選んで結婚式を挙げる方が安心ですね!

H4マタニティウエディングの料金は?

マタニティウエディングは、おめでた婚のカップルが行うウエディングになりますが、急な妊娠で十分に結婚式の費用を用意できていなかったり、妊婦さんの体調を考慮して挙式だけの結婚式にしたり、招待客を少なくして結婚式を挙げたりと、そのカップルに合わせたプランで結婚式を挙げるようになります。

フォトウエディングのみの場合ですと、3万円~5万円程度、挙式のみの場合の相場は10万円前後、少人数で披露宴を行う場合の相場は20人~30人で一人あたりの金額が2万円~4万円と、会場によっても金額に幅が出てきます。

二人だけの結婚式でリーズナブルに挙式を挙げる

結婚式に招待客を呼ばずに二人だけで挙式を行う結婚式になります。

ゲストをお招きして披露宴をすることがないため、お金をかけずに結婚式を挙げることが出来ます。挙式だけの結婚式はリーズナブルでシンプルなので、「二人だけの思い出を作りたい」というカップルにも人気の結婚式になります。

二人だけの結婚式の料金は?

二人だけで挙式を済ませるという場合は費用を安く抑えることが出来ます。

一般的な相場は5万円~10万円程度になりますが、チャペルの装花代が5万円前後・生演奏が2万円~10万円・ブーケ代やライスシャワーの演出で5千円~2万円程の予算が必要になります。

ですが、こういった演出全てがセットになっている料金プランもありますので、そういったものを利用するのも良いでしょう。

パーティー婚

形式にこだわらず、自由な形式で行うのがパーティー婚です。
披露宴よりも堅苦しくなく、出されるお料理やパーティーの内容も予算に合わせて決めることが出来ます。二人だけの挙式を行った後に、たくさんの人を招いてパーティー婚を行うというカップルも多くいます。

パーティー婚の料金は?

パーティー婚は会費制にすることで費用を安く抑えることが出来ます。

披露宴を行うとご祝儀を頂く形になりますが、ご祝儀で結婚式の代金を賄えないこともあります。ですが、会費制のパーティー婚にすれば、会費を支払ってもらう形になるために費用を抑えることが出来ますよ!会費の金額は1万円前後のことが多いです。

外注活用

結婚式の写真撮影や視界を外注にお願いするという方法もあります。結婚式場に前もって確認をして、外注がOKの場合はぜひ活用しましょう。

H4写真は写真スタジオに!

結婚式の費用でお金がかかるものの一つに「写真撮影」があります。

結婚式場にお願いしてしまうと、お高めの料金になることが多いですが、会場によっては外注のカメラマンにお願いしても大丈夫なところもありますので、OKの場合はブライダル写真を取り扱っている写真スタジオにお願いして結婚写真を写してもらいましょう。

当日の集合写真を撮りたい場合も、会場に確認して外注のカメラマンがOKであればお願いして撮影してもらうのが結婚式を安く抑えるポイントになります。

司会も外注を利用!

結婚式場に司会のお願いをすると平均して7万円ほどの料金がかかりますが、外注にお願いした場合は4万円前後で司会をしてもらうことが出来ます。

外注で司会を頼めば、結婚式の知識が豊富で経験豊かな司会者にお願いすることが出来るので、披露宴もスムーズに進てめくれますよ!

結婚式は格安プランを上手に活用!

結婚式を挙げる時は、結婚式場で用意しているプランを活用することで料金を安く抑えることが出来ます。格安プランを上手に活用して、結婚式を安く行うと良いですね!

自己負担0円プランがある結婚式場を探す

急に結婚が決まった人は結婚資金を用意できていないことがありますよね!また、親からの援助も期待できないという人におすすめなのが、自己負担がかからない結婚式のプランです。

お招きするゲストに頂くご祝儀の中で結婚式の費用を賄おうというプランになり、この方法ですと結婚資金が無くても結婚式を挙げることが出来ます。

会費制の結婚式で費用を抑える

堅苦しい雰囲気ではなく、自由でカジュアルな結婚式を行いたいというカップルにおすすめなのが会費制の結婚式です。
披露宴を行うよりも堅苦しくなく、会費制にすることで費用を押さえて行うことが出来るというメリットがあります。

会費制にすることで、ご祝儀よりも金額を安くすることが出来るため、お招きするゲストの方の金銭的な負担も軽くすることが出来ますよ!

申し込みから3か月で結婚式を挙げる3か月前予約

おめでた婚など、急に結婚が決まったという人におすすめの結婚式です。
申し込みをした日から3ヶ月以内に結婚式を挙げるカップルのために結婚式費用を割引してくれるサービスになり、直前に予約をすることがメリットになります。

挙式・会食のみの結婚式

「披露宴はしなくても良いけど挙式だけは挙げたい!」というカップルにおすすめの結婚式です。

披露宴をするとどうしても費用が掛かってしまいますが、挙式のみだと費用も安く抑えることが出来ます。親しい人や身内だけで挙式を行って、その後に会食をするという形にすれば、一般的な結婚式よりも大幅に費用を抑えることが出来ます。

フォトウエディングを行う

「結婚式や披露宴を行うことはしなくてもいいからウエディングドレスを着たい」という人や、「結婚の思い出を残しておきたい」という人におすすめです。

おめでた婚で結婚式を挙げることが出来なかったカップルが、産まれた子供と一緒に写真を写すことも出来ます。

写真だけですから、費用も安く抑えることが出来ますよ!

格安結婚式のメリットは?

格安結婚式を行うと、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。良い点についてまとめました!

結婚式を安く済ませるとが出来る

格安結婚式を行うと、結婚式の費用を安く済ませることが出来ます。

その分新婚旅行に予算を回すことが出来たり、将来の為にお金を残しておくことも出来ますね。
「結婚式や挙式を豪華に行わなくても良い」というカップルや、「資金を準備できない」というカップルでも、格安結婚式を行うことで素敵な思い出を残すことも出来ます。

準備が簡単!

格安結婚式のメリットに準備を簡単に済ませることが出来るというものもあります。

一般的に結婚式にかかる準備期間は、長い場合ですと10ヶ月ほどかかることもあります。ですが、格安結婚式は組まれたプランで色々なことが決められていますので、その分準備にかかる時間が少なくて済むのです。

「立派で豪華な結婚式にしたい!」という人には向いていませんが、準備をする時間がない人や計画を立てることが苦手な人にはおすすめですね!

アットホームな雰囲気が魅力!

格安結婚式は、少人数で行ったり、身内や親しい人達だけで行うなど、アットホームな雰囲気で結婚式を挙げられることが多いです。

その分温かい結婚式になり、今までお世話になった両親にも心を込めて感謝の気持ちを伝えることも出来ます。

格安結婚式の会場を選ぶポイント

格安結婚式を行っている結婚式場は色々なプランを用意しています。上手に会場を選ぶことで、満足の出来る結婚式を挙げることが可能です。

自分のやりたいことがあるプランを選ぶ

プランを選ぶときに、あらかじめ自分がやりたいと思っているプランを選ぶようにしましょう。そうすると費用が安くても自分たちの納得出来る結婚式を挙げることが出来ます。
「どうしてもこれだけはやりたい!」と思うことってありますよね。それが盛り込まれているプランを選ぶことで、後々後悔することなく思い出に残る結婚式を挙げることが出来ますよ!

会場の雰囲気をしっかり確認!

格安結婚式といっても、自分の理想の形で結婚式を挙げたいと思いますよね!ですから、実際に結婚式が行われる会場の雰囲気も確認しておきましょう。会場の雰囲気はとっても大切です。

結婚式をする時に「なんだかイメージと違った・・・」と嘆くことが無いように、どんな会場なのかを前もって確認し、自分の理想に近い結婚式場を選ぶようにしましょう。

出されるお料理も大切!

どんなお料理が出されるのかもしっかり確認しましょう。格安結婚式だからといっても、お料理が貧相すぎるのは嫌ですよね。

どんなお料理が出るのかチェックして、もしも不満があるようでしたらお料理について相談してみると良いですよ!

結婚式の1.5次会ってどんな結婚式?

料金を安く抑えて結婚式をする時、「1.5次会」というスタイルで結婚式を行うカップルもいます。

パーティー婚と似たようなものになりますが、披露宴のように堅苦しい雰囲気ではなく、かといって2次会のように緩い雰囲気で行うわけでもない、「披露宴と2次会の中間」になる格安結婚式になります。

料金を会費制にすることで費用を抑えることが出来ますし、レストランを貸し切って行うことで美味しい料理を食べながら会話を楽しんで、和やかな雰囲気で結婚式を行うことが出来ます。
「堅苦しい雰囲気は苦手!」という人も、この方法だとカジュアルに楽しむことが出来ますよ!

このスタイルの結婚式は立食形式にすることも出来ますから、その分会費も5千円程度に抑えることが出来ますので、ゲストにも優しい金額になります。

自分たちで衣装や手作りのアイテムを持ち込むことで費用を安くすることが出来ますし、結婚式場では出来ないこだわりの演出を行うことも出来ますよ!

司会者を頼む時は、おしゃべりが上手なお友達や外注の方にお願いすると良いですね!

結婚式にかかるお金について

結婚式を行うときは、一般的にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。気になる結婚式の相場についてまとめました。

結婚式の相場は○○円!

一般的な結婚式の費用は、350万円程になります。

結婚式にかかる費用は、お招きするゲストの人数や結婚式で行う演出などによって金額が異なってきます。

招待する人数が100人の場合は、その人数×一人当たりの予算ということになりますね。ちなみに、ゲスト一人当たりの費用の相場は3万円~4万円程度になります。

結婚式を安く収める目安は?

結婚式を安く済ませたいというカップルは「50万円」をボーダーラインにして考えると良いです。

結婚式の費用は、「自分達で用意した結婚資金」と「ゲストの方たちから頂くご祝儀」になります。場合によっては「親からの援助」モプラスされます。

ある会社が「結婚式にかけた金額はいくらですか?」というアンケートを取った結果、平均の自己負担額が「50万円~100万円」という結果でしたので、50万円以下に費用を抑えることが出来れば安く結婚式を挙げられたということになりますね!

結婚式のお金は何にかかるの?

結婚式にかかる金額は「挙式・披露宴・衣装・写真代」などになります。これらにかかるすべての費用を、ご祝儀と自己負担金で賄うことになります。

ですから、派手な披露宴を行う場合はその分費用が掛かるということになり、お招きするゲストの人数が多ければ多いほど、結婚式の費用が多くなっていくのです。

【挙式でかかるお金】

・挙式の会場料
・牧師さんの料金
・聖歌隊や演奏者の料金
・フラワーシャワー
・結婚証明書  など

【披露宴でかかるお金】

・お料理や飲み物
・装花料
・引き出物
・音響証明
・ウエディングケーキ
・会場使用料
・司会  など

【衣装や写真でかかるお金】

・新郎新婦が着用する衣装
・着付け費用
・写真代
・ビデオ撮影
・ヘアメイク、ヘアメイクリハーサル
・控室料金
・招待状  など

結婚式では、上記のようなことにお金がかかります。たくさんのことにお金がかかってくるのです。

見積をなるべく正確に立ててもらおう!

結婚式場の見学に行くと、大体の見積もりを出してもらうことが出来ます。この時になるべく正確な金額の見積もりを出してもらうようにしましょう。

ゲストの人数やどのような挙式スタイルなのか、結婚式の日取りはいつになるのかなど、金額に関係のありそうなものの見積もりは正確に出してもらいましょう。

結婚式の見積もりが当初の予定よりも膨らんでしまうという話もよく聞きますので、見積もりの段階でより正確な予算を出してもらうことが大切です。

結婚式の内容が具体的になっていくと、どんどん項目が追加されたり、漏れがあることが分かったりなど、当初の予算よりもかなり金額が多くなることもあります。

お礼のお金・ゲストにかかるお金

受け付けや司会をしてくれた人に渡すお礼のお金や、主賓・乾杯の音頭を取ってくださった人にもお礼のお金を用意しましょう。

また、遠方から来てくださったゲストの人には交通費や宿泊費を負担してあげるようになります。

遠方から来てくださったゲストの方が多いと自己負担の金額も多くなりますが、その場合は半額を負担するなどでも良いでしょう。

この場合、遠方から出席していただくゲストの方には、あらかじめ「半額しか交通費や宿泊費を負担できませんが、よろしければご参加ください。」という連絡をすることも大切です。

結婚式は節約した方がいい?しない方がいい?

節約が必要場合もあります

結婚式の費用は、なるべく節約できた方が良いです。きっと「一生に一度だから」と思うでしょうが、後々ほかのことにお金がかかって後悔してしまうこともあります。

結婚式を行うまでに十分な資金を用意できている場合もあるでしょうが、それでも結婚をした後は新居にかかる引っ越し費用や家具、家電、新婚旅行の費用もかかってきます。

子供が生まれることが分かっている場合は、出産費用もプラスされますし、将来の為にお金を残しておく方が安心です。

ですから、節約できるところは極力節約をしてお金がかからないようにしましょう。

節約してはダメなところもあります!

「節約」と言っても、何から何まで節約すれば良いというものでもありません。

お料理を節約してしまうと、お料理の品数が少なくなって見栄えが悪くなります。

また、引き出物をギフトのような安いものにしてしまうと、「引き出物をケチったんだ」と思われてしまいます。引き出物を明らかに安物にするのはやめましょう。

ほかにも、テーブルを飾るお花をケチってしまうのもNG!特にメインテーブルとゲストテーブルのお花を節約するのはやめましょう。

生花ではなく造花にするなどして予算を抑えるといいですね!造花だとわからないように演出してもらいましょう。

結婚式が安い時期を狙って節約!

結婚式を挙げる時、仏滅に結婚式を挙げると割引がある結婚式場もあります。
「仏滅でも大丈夫!」というカップルは、こういった割引を利用するのもおすすめです。
また、結婚式が多く行われているシーズン以外を狙って結婚式を行うと、割引してくれる値引き幅が多くなることもあります。

結婚式が多いのは「春」と「秋」ですので、この時期に大幅な値引きは難しいかもしれませんが、それ以外のシーズンに結婚式を行うと費用を割引してくれることもあります。

結婚式の費用を安く抑えるには、ドレスやアイテム選びも大切になりますが、実は時期もとっても重要!

数十万円の大幅な値引きをしてくれることもありますので、結婚式を行う時期については慎重に検討すると良いですよ!

追加の演出の数を決めて節約

結婚式の費用を節約するにあたって大切なのが「追加演出」です。ついつい色々な演出を追加したくなるでしょうが、それではせっかくの節約も無駄になってしまいます。

節約をしたうえで、「追加する演出は〇個まで!」と前もって決めておくことで、余計な費用の出費を抑えることが出来ます。

どうしてもやりたいという演出を決めておくと良いですね!

結婚式を挙げる時に貯金は必要?

結婚式を挙げる時、結婚資金としてどのくらいの金額を貯金しておけば良いのでしょう。
結婚式は、自己負担金とご祝儀、親からの援助などで賄われることが多いですが、実際はどのくらいの金額を用意しておけば良いのでしょうか。

結婚式の貯金はいくら必要?

「結婚式を派手に行いたい!」というカップルと「なるべく節約して結婚式を挙げたい」というカップルでは、用意しておいた方が良い結婚資金が異なります。

何人のゲストをお招きするか、どんな結婚式にするかのイメージがしっかり出来ているのであれば、そこからいくら貯金しておけばよいか計算することが出来ますね!

ゲストの方にいただくご祝儀もありますから、予定している結婚式にかかる費用の8割程度の金額を貯金しておくと安心です。

また、親からの援助がある場合、結婚式の内容に親が色々と口をはさんでくることもあります。それが嫌でなければ、親からの援助も有り難く受け取って良いでしょう。

結婚式を挙げたいけど貯金がない!

貯金がないと結婚式を挙げられないの?と思う人もいますよね。

結婚式場のプランを活用すれば、貯金が無くても結婚式を挙げる事が出来ますし、「結婚式ローン」というシステムがある結婚式場もありますから、そういったものを活用すると良いでしょう。

結婚資金が無くても、ご祝儀で賄えるような結婚式を挙げたというカップルもたくさんいます。

結婚式で失敗しないために出来る事

せっかく結婚式を挙げるのですから、後悔が残るような結婚式は挙げたくないですよね!大切な二人の門出ですから、失敗しないように素敵な結婚式を挙げましょう。

一生に一度だからと自分を見失わない

「結婚は一生に一度!」といって色々なことを演出してしまうと後々後悔することもあります。

結婚式場の見学に行くと、綺麗なチャペルや披露宴会場に感動してテンションが上がってしまうものです。

その姿を見て声をかけてくるスタッフの方もいますから、その時のテンションに任せて色々なことを決めてしまうと後でとで後悔した!なんてことにもなりかねません。

結婚式の準備を始めると、金銭感覚が鈍ってしまいますので、なるべく冷静に結婚式のプランを決めていきましょう。

最高の結婚式にするには、一生に一度だからこそ「冷静に」なって、色々なことを決めていくと良いですね!

アイデアや工夫で結婚式を演出

お金をかけなくても思い出に残る素敵な結婚式を挙げるためには、自分で出来ることを自分で行うことも大切です。

自作のアイテムを持ち込んだり、時間帯を夜にすることで、昼間の結婚式とは違う魅力的な結婚式にすることもできます。

結婚式は結婚する二人やそのご家族、出席してくださったゲストの方々が幸せな気持ちになれることが大切です。

自分達や出席してくださる方の幸せを考えて準備を行うと、お金をかけなくても素敵な結婚式を挙げることが出来ますよ!

 - 結婚

ページ
上部へ