恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

赤ちゃんは布団で窒息する場合も!?今すぐできる防止方法!

      2017/02/14

赤ちゃんは布団で窒息する場合も!?今すぐできる防止方法!

赤ちゃんの目を離したすきにいつの間にか顔に布団が・・・あわや窒息寸前!なんて経験あるのでは?

赤ちゃんが布団で窒息してしまうのはどうして?原因は?

布団の選び方から予防法まで詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

赤ちゃんが布団で窒息する原因は?

赤ちゃんの窒息を防ぐために敷布団は固めのものを使いましょう。

お店で売っているベビー布団は固めのマットレスになっています。

これは、赤ちゃんが寝がえりを始めた時、布団が柔らかいと息ができなくて窒息してしまう恐れがあるからです。

小さいうちは大人の布団で寝かせるのではなく赤ちゃんにはベビーマットレスをひいてあげた方が安心ではないでしょうか。

また、重みのある掛布団も危険です。

いつのまにか布団がずれて赤ちゃんの顔に掛け布団が掛かっても力の弱い赤ちゃんは自分でよけることもできず苦しいですし、窒息してしまいます。

親が夜中ずっと起きていて赤ちゃんを見ているわけにもいきませんので、危険のないように赤ちゃんの寝具を確認してみて下さい。

赤ちゃんが布団で窒息するのは寝返りが原因!?

赤ちゃんは寝がえりをはじめてすぐのころは、コロンとひっくりかえりうつぶせになるだけで、すぐにもとの態勢に戻ったり自分の好きなように体を動かせるわけではないので、仰向から戻れないままでいることも良くあります。

首を自分で持ち上げられなかったり、そのまま眠ってしまっては布団に顔が埋もれてしまい、窒息する可能性が非常に高いのです。

赤ちゃんが自分の力で自由に仰向けになったり、うつぶせになったりできるようになるまでは、お昼寝しているときも、寝がえりをしていないか時々チェックしてくださいね。

夜寝るときは、赤ちゃんの両脇に筒状に丸めたバスタオルなどをおいて赤ちゃんの体を優しく固定し寝返りを防止すると良いです。

赤ちゃんが窒息する最大の原因は布団やまくら!

寝ているときに、布団やまくら、ぬいぐるみなどが呼吸の妨げになるのが赤ちゃんが窒息する危険があるものです。

柔らかい敷布団は、もともと体に密着しているので寝返りをしずらいですがたまたまコロンと寝返りをうったときに、固い布団でれば戻りやすかったり首をあげて息をできますが柔らかい布団ですと体を動かせる範囲が狭まるのでとても危険です。

とくにまだ小さい赤ちゃんに枕は必要ありません。

また、赤ちゃんが喜ぶからと布団にぬいぐるみをおいてあげてりすると思いますが、やはりこれも寝返りをうったときに顔の下に入り込むなどの危険があるので、近くにはおかないように気を付けてください。

赤ちゃんはうつ伏せになったとき、手で物を払いのけるという動作はまだできないのです。

赤ちゃんが布団で窒息しないために防止できることは?

確実なのは小さいうちはベビーベットを使う事です。

周りに押しつぶされる心配もありませんし、ベビーベット用の敷布団は固めで厚みのあるマットレスになっているので赤ちゃんには安全です。

すぐ使わなくなるからや、なくてもなんとかなるというのは、確かにそうかもしれませんが小さいうちだからこそ大人には想像もできない危険があり赤ちゃんを安全に寝かせるには必要なのではないでしょうか。

我が家では新生児の頃から1歳になるころまでベビーベットをお店からレンタルしていました。

価格は、あくまで私がレンタルしたお店ではの話ですが12か月で1万円ほどで、同じくらいの値段で購入することもできますが
使わなくなった時のことを考えてレンタルにしました。

好きな大きさや色も選べましたし、寝返りの激しい赤ちゃんを大人の布団に巻き込まれる心配もなかったので私はベビーベットを使ってみて本当に良かったと思っています。

赤ちゃんがあわや窒息!思わずヒヤッとした体験談

息子がまだ3か月の頃、大人の布団で一緒に寝かせていました。

まだ寝返りをしないし、大丈夫だと思い胸のところまでかけ布団をかけて眠りについたのですが、何だか息子ががもぞもぞしていると感じて目が覚めみてみると、完全にかけ布団の中に入り込んでしまっていて窒息する!と焦ってしまいました。

息子は両足をよく上にあげるのですが、目を覚ました時にそれを繰り返してるうちに顔まで布団が上がってきてしまったようです。

大人の柔らかい布団に寝かせていたので身動きもとれず、かけていた布団も赤ちゃんが手で払いのけれる重さではなかったのでしょう。

本当にヒヤっとしましたし、すぐにベビーベットに切り替え布団も用意し掛布団は軽すぎても赤ちゃんの足で簡単にずれてしまうので、体にまとわりずらくて丁度いい重ささの掛け布団で寝かせるようにしました。

息子が苦しがっていた時、たまたますぐに気づけて本当に良かったです。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ