恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

アトピーの赤ちゃんには石鹸は使わないで!その理由とは!

      2017/02/11

アトピーの赤ちゃんには石鹸は使わないで!その理由とは!

敏感な赤ちゃんの体を洗うのに石鹸は使わない?不潔にならない?

特にアトピーの赤ちゃんに石鹸を使うのはNG!ではどんな洗い方が良いか調べてみました。

石けんを使うと黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなる理由をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

アトピーの赤ちゃんには石鹸は絶対にNG、使わない方が肌の状態がいい

子供の肌の状態を見て、石鹸を使うかどうかを考えて下さい。

アトピーは乾燥が大敵です。石鹸でゴシゴシ洗う事で、自分の油分がなくなってしてまうと、肌の症状がひどくなり、赤ちゃんがとってもかゆがることもあります!

そして赤ちゃん用の石鹸は、新陳代謝がいい赤ちゃんの垢を落としやすくするために、油を強く落とすための成分が入っている場合も。逆に赤ちゃん用じゃない方がいい場合もあるかもしれません。

冬の乾燥時期は、石鹸を使わずに洗い風呂上がりの保湿剤でケアをしてあげるのがいいです。

また病院のお医者さんの意見も、それぞれに違います。石鹸でゴシゴシ洗った方がいいというお医者さんもいれば、保湿重視の先生もいます。自分の子供の状態をみて、治療方法も子供に合ったものを選んで行くのがいいとでしょう。

赤ちゃん用石鹸を使わない事でアトピー肌が健康的になった体験談

アトピーの治療として、ステロイドを結構塗らないといけないよう状態でも、お風呂で石鹸を使用しなくなってから、随分と症状が改善されました。

まず一番ひどかった、ひじやひざの裏側や首や耳の付近などの赤い荒れた感じが和らいできたという事。

赤くなるとかゆがり、昼間は我慢していても夜中になると無意識にかいてしまうようで、布団に血がつく事もありました。それが、石鹸の使用をやめてから、1番薬を塗っていたひどかった箇所も、かゆがらなくなりステロイドも1ヶ月に1回くらいしか使用しなくなりました。

石鹸を使わなくなってからは、背中やお腹など他の箇所に出ていた、赤い感じや小さなプツプツもだいぶんよくなってきました。

冬場などの乾燥の時期は、まだかゆがり保湿剤などを使っていますが、かゆみがひどかった頃にくらべると、随分と健康な肌になったと感じます。

アトピーの赤ちゃんには石鹸を使わない洗い方のポイント

アトピーの場合は、やはり石鹸でゴシゴシと洗いすぎる事により、体に必要な油分のバリアを落としてしまう事がよくありません。さらに肌の悪化につながる事が多いようです。

アトピーの赤ちゃんであれば、入浴の際のポイントはまず体を洗わない事、石鹸を使わない事、布でこすらない事、お風呂につかる時は、温度は熱くなく、短時間にする事です。赤ちゃんに長湯をさせる必要はないでしょう。

ただこの方法、浴槽のお湯はかなり汚れます。それだけお湯につかるだけでも汚れが落ちているという事ですね。

子供だけではなく、この方法は肌の弱い大人の方でも効果があります。最初は体を洗わないという事に物足りなさを感じるでしょうが、慢性的な乾燥肌の方や冬の乾燥で肌がカサカサになるような方は、ぜひ試してみて下さい。

病院でアトピーの治療している方は、肌の調子が改善されてきたら、お医者さんと相談をして薬の量など減らしてもらう事も可能です。合わせて食事や生活習慣の改善をすると、なお効果的ですね。

石けんを使うと不潔になり、黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい?

赤ちゃんを産む際に、産院で沐浴講習をうけます。
講習では、新陳代謝が活発な赤ちゃんを清潔に保つために、専用のベビーソープを使いやさしくガーゼで洗う。入浴後に乾燥が気になれば、保湿剤を使う。などと教えてくれるのが、一般的です。

しかし反対に、石鹼を使わない入浴方法もあります。
理由としては、石鹸を使い肌の油分を落とし皮膚のバリア機能低下をもたらすから。
清潔にしようと思ってやっている事が反対に皮膚を不健康にさせているという事です。

しかしすべて石鹸を使わないわけにもいきません。
石鹸を使う場所は、汚れが極端に気になる場所、頭部や足の裏や指の間など局所的に使う事をおススメします。

石鹸で洗わないなんて不潔ではないか?と思ってしまう方もいると思いますが、石鹸を使う事により黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなるとともに、油分がなくなる事で肌のバリア機能が低下、病原体が侵入しやすくなるわけです。この方がよほど不潔を招いている原因になるのです。

専門家の意見も大事だけど、子供に合ってるのを使いましょう

子供が乾燥で肌の調子が悪い、そんな時に専門家の意見は、固形の石鹸で優しく洗う事、
汗をかいたら石鹼で清潔にする事を指導されます。

言われるとおりに、固形石鹸で体を洗ってみても症状は変わらず。
少しでも肌にいいものと思い、無添加の固形石鹼や、オリーブオイル入りの石鹸などを使ってみても、一向に子供の肌は改善されず。いつもカサカサで、眠られないほどの痒みもともなう、そんな場合どうしたらいいのでしょうか?

もちろん産院でも、沐浴時に石鹸を使って清潔を保つようにと習います。

症状がよくならないのに、石鹸を使って体を洗う事が当たり前でよい事だと信じているので、石鹸を使う事をやめようと思いませんよね。

でも自分の子供の肌の症状を見極めて、対処することが重要なのです。

実際に子供の体に石鹸を使用することをやめてみても、体がにおう事もありませんし、肌がかゆくて眠れないという事もなくなり、肌の改善が見られるようになりました。

石鹸をやめた事だけでなく、他の事も関係していたのかもしれませんが、少なくてもうちの子には石鹸が必要なかったのだと思います。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ