恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

レーヨンやポリエステル素材の服は汗ジミ対策にオススメです!

      2017/02/14

レーヨンやポリエステル素材の服は汗ジミ対策にオススメです!

レーヨンやポリエステルの素材は汗ジ染みが目立たないって本当?
服の汗染みが目立ちにくい素材は、ポリエステル、ポリウレタン、ナイロン、などの化学繊維です。
またレーヨン、キュプラもオススメです。これらの素材は、汗をかいても表面が光っているおかげで汗染みが目立ちにくくなります。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

汗対策にレーヨンやポリエステル素材のTシャツはどうなの?

再生(レーヨン)という素材は、服以外にもカーテンなどにも使用されていますが、原料は木材パルプになります。

他にもキュプラという繊維もあり、こちらの方が強度があり、縮みにくいです。絹のような光沢感があり、吸収性もあって、熱にも耐える優れものです。
静電気も起こしにくいです。

水に濡れると服が縮んでしまうので、汗をかいた時も汗を良く吸うので、しわができやすく、すぐに縮んでしまいます。

合成(ポリエステル)という素材は、他にもナイロンやポリウレタンがあり、原料は石油になります。

シワになりにくく、乾きが早くて、とても丈夫なのが特徴です。

汗をかいた時はすぐ乾くので、べたつく心配はほとんどないです。

ただ、静電気が起きやすく、汚れや臭いが落ちにくいです。

脇汗が目立たないレーヨンやポリエステルのシフォン素材がオススメ!

夏に着る服は、レーヨンやポリエステルのシフォン素材を選ぶと良いでしょう。

シフォン素材とは、ポリエステル100%、レーヨン100%などの、サラサラしてる生地のことで、脇汗が目立たないので夏に着るのにオススメです。

サラサラしているので、体の線も目立たず、見た目も涼しいでしょう。
ただし、1枚では透けてしまうので、インナーにはキャミソールなどを着て遊んでみましょう。

また、綿100%なんかも夏に着るのに良いでしょう。
ただし、脇汗が気になるグレーとか水色は避けた方が良いでしょう。

レースの服も涼しげなので、夏に着るのはオススメです。
こちらもシフォン素材と同様に1枚では透けてしまうので、インナーもおしゃれに楽しみましょう!

汗かき対策!レーヨンやポリエステルは熱がこもる?

汗かきの人にとって、夏の服選びは重要ですよね。

透け透けの見た目が涼しそうなシフォン素材の生地でも、実は化繊は熱がこもるということも。

ポリエステルももちろん暑いのだけど、レーヨンは特に熱がこもるようです。
なので、汗かきの人にとっては、化繊の中でも特にレーヨンはオススメできません。

例え、薄くてもモア!っと熱を逃さないのです。
見た目は涼しそうなのに、実は汗がだらだらっていうような最悪の状態が起きてしまうのです。

ちなみに天然繊維の綿や麻は化繊に比べると熱は逃してくれます。暑くても、変なこもる暑さではないです。

もちろん、化繊のものでも服のデザインによっては涼しさは変わってくるでしょう。

素材やデザインを考慮して、夏の服選びをしましょう!

汗ジミ対策にポリエステル素材の服が向いてる?

汗ジミを目立たせない洋服選びのコツとはどんなことでしょうか?

吸水性が高い繊維は、汗をよく吸うので、汗ジミになりやすいのです。

例えば、風通しもよく、涼し気に見える綿のものですが、汗を吸ってしまうので、汗ジミにもなりやすく、また、その汗ジミもできるとなかなか取れないのです。

レーヨンは、さらに吸った部分が縮んでしまったり、シワになってしまうことも。

そこで、吸湿速乾作用のあるポリエステルのものを選ぶと良いでしょう。吸湿・吸水性が低く、乾きやすいポリエステルは夏に使える素材なのです。

また、デザインもゆったりとした、風の通しやすいものを選ぶと良いでしょう。体にフィットしたようなものは、そのまま汗ジミが目立ってしまうので気を付けましょう。

レーヨンやポリエステルは汗ジミが目立たない素材

夏に洋服の汗ジミが気になる方は汗ジミが目立たない素材を選ぶようにしましょう。

吸湿や吸水性が低く、乾きやすいポリエステルやポリウレタン、ナイロンなどの化学繊維は汗ジミができにくい素材です。汗をかいても乾きやすいので、汗ジミもできにくいのです。

再生繊維と呼ばれるレーヨンやキュプラなどの素材も生地に光沢感があるので、汗をかいても汗ジミが目立ちにくいです。

一方、肌ざわりが良く、涼しい綿や麻の素材は吸水性が良いので、逆に汗ジミがわかってしまうので気を付けましょう。

ただし、汗ジミよりも快適さを求めるならば、汗取りインナーを利用したり、汗ジミが目立たない色やデザインを選ぶのも良いでしょう。

いろいろな素材のものがありますので、自分にとって過ごしやすいものを選びましょうね。

 - ライフスタイル, 雑学

ページ
上部へ