恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

パーマとカラーを同じ日に施術することについて

      2017/02/11

パーマとカラーを同じ日に施術することについて

基本的にはパーマとカラーは同じ日に施術しない方がよいです。

まずは髪と頭皮への負担が大きく仕上がりもキレイにならないことが考えられる。

もう一つは薬事法でこのパーマ剤とカラー剤と言う薬剤の医薬部外品同士を一緒に使う事を禁じています。

ですが、最近は同時に使用できる薬剤も開発されてきているようですので、予約の時に美容室へ確認してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

パーマとカラーを同じ日にしてもいいの?

季節が変わると、新しい自分を探したくなり自分の雰囲気を変えたりして気分転換したくなりますよね。
そんな時に髪型を変えたくなる人は多くいると思います。
髪型を変えるのにも、カット、パーマ、カラーリングなどで大きくイメージが変わってきます。

「いつもカットとカラーだけだったけどパーマもかけてみたい」
そんな気分の時もあると思います。そんな時にパーマとカラーは同時に出来るのか気になりませんか?

じつは同じ日にパーマとカラーをすると髪の毛にものすごい負担をかけることになるのです。
縮毛矯正も同じです。
この髪の毛の負担を考えると、パーマを先にかけてから1週間から2週間くらい間をあけてパーマが定着してからカラーをするのがベストです。

最近では薬剤もかなり進化してきており、髪へのダメージが少ないものも研究されてきていて実際にダメージの少ないものも出ては来ています。
それでも、忙しくてそんなに時間が取れない人や2回も美容室に行くに抵抗がある人もいると思いますが、パーマとカラーは別の日にやった方がいいですよ。

パーマとカラーを同じ日にするのは避けた方がよい

パーマをかけたら一週間洗わないなんて話を聞いたことあるでしょうか?
昔はそんな風に言われていました。薬品がよくなった今でもまんざらでもない話かもしれません。

パーマをかけ薬剤で安定させても髪にパーマが定着するのには1週間くらいはかかります。
それでも美容室にくる時間をとれない人や家から遠い場合にはパーマとカラーを一緒にする方もいます。

ただ同時に施術することにはデメリットがあります。

まず、パーマをかけた後にカラーをする場合、髪がまだ安定していないところにカラー剤を付けるのでウェーブがゆるくなりやすいです。

反対にカラーをしてからパーマをする場合、カラーの色が落ちやすくなってしまいます。

また髪が安定していない状態に薬剤をつけるので髪への負担がかなり大きくなります。

同時に施術する場合、パーマが先でカラーが後という場合が多いですが、パーマをきれいにかけたい時は反対にすることもあります。
ヘアスタイルや薬剤、美容師さんによってどちらを先にするか変わってきます。
タンパク質を補いながら同時に施術する場合もありますが、基本的にはデメリットがあることは考えておいた方がいいです。

またお客さんの単価を上げるためにパーマとカラーをセットにしているところも多いです。

パーマ剤とカラー剤から考えると同じ日の施術は避けたい

ヘアカラーとパーマの薬剤はほとんどが医薬部外品というジャンルの薬剤のものになります。この医薬部外品同士を一緒に使うことは薬事法で禁じられています。
どっちかが化粧品というジャンルだったら一緒に使っても問題ないです。
もしこのような薬剤同士を使うのであれば、美容室の考えかた美容師さんの腕にもよりますが、パーマとカラーを同時に施術可能なお店もあるでしょう。

施術可能なお店では、まずパーマをしてからカラーをしていくところがほとんどです。なぜなら、パーマの薬剤はカラーの色を落としやすいからです。

同時に施術する場合は、まずパーマの薬剤を使い髪にダメージを与えます。髪も頭皮も落ち着いていない状態なのでパーマも落ち着きません。
その状態にさらにカラー剤をつけていくのです。まだ落ち着いていないパーマは不安定なので少しとれてしまいます。
美容師さんはカラー剤でパーマが落ちたくらいがちょうどよくなるように少しきつめにパーマをかけることもあります。

同時に施術する場合は頭皮や髪にものすごいダメージをうけることを覚悟してくださいね。
できれば頭皮や髪の事を考えて同時に施術するのは避けたいものです。

パーマとカラー。同じ日に施術するならどっちを先にするの?

カラーとパーマを同時に施術する場合どちらを先にするかはその美容室、美容師さんによって異なります。
髪質にもよりますがカラーを先にやってからパーマをかけた場合のメリットとデメリットをご紹介します。

メリットはパーマがきれいにかかる点と、髪の傷みが目立たない点です。
パーマを後にかけることによってパーマがゆるくなってしまうことが少ないようです。また髪の傷みも気にならないことが多いです。

反対にデメリットはカラーが落ちてしまう点です。
色が落ちてしまうのは最大の欠点ですよね。
暗めに染めてもらった髪なんかは色が抜けてしまって茶色くなってしまい悲しいですね。

自分の理想とする色味ではなくなってしまいイメージが変わってしまうのは非常に残念ですよね。

パーマとカラーを同じ日に施術した時に気を付けること

パーマとカラーを同時に施術するのは必ずしも出来ないというわけではありません。
美容室に行く時間が取れない人や遠方からの方のために、美容室もパーマやカラーの薬剤を考え施術出来るようにしているところもあります。

同時に施術する場合は、パーマかカラーの薬剤のどちらかが医薬部外品ではなく、化粧品であることが決められています。
行く美容室が対応をしてくれているのか事前に確認するといいですよ。

施術当日の注意点としては、シャンプーしないことです。
見た目はきれいになっていますが、髪は膨張していて水に馴染みやすい状態です。この状態で水やシャンプーに触れると色が落ちてしまったり、パーマがゆるくなってしまいます。
施術当日はシャンプーは控えましょう。

またカラーやパーマで髪はかなりダメージをうけています。普段よりも乾燥しているのでドライヤーのかけすぎには注意が必要です。
髪に水分が多いほどパーマのカールが出やすいです。カールが残るように乾かし、洗い流さないトリートメントなどで保湿しましょう。

施術後のケアをしっかり行うことでパーマとカラーのもちも変わってきます。髪をいたわり長持ちさせてくださいね。

 - 結婚

ページ
上部へ