恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

旦那の友達が非常識で嫌い!そんな人への対処法を教えます!

      2017/02/11

旦那の友達が非常識で嫌い!そんな人への対処法を教えます!

旦那の友達の非常識さにあきれてもうイヤ!そんな悩みを持っている妻が増えているとか・・・

旦那の友達の悪口って旦那に直接言うべきなの?それ以外にも解決策ってあるの?

もうイヤ!苦手で嫌いな旦那の友達への対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

旦那の友達が夜中に電話・・・こんな非常識な人にどう対処する?

友人は大体は同じような人となると言われています。
「私の夫だけは違う」と思っていても、もしかしたら自分の夫も『非常識な人』かもしれません。
釘を刺すなら「あなたにも言っておくわ」というふうに伝えておいたほうが良いです。

大抵の方は、夜中に電話するのは躊躇します。
ですから、「え、こんな時間に?」と思います。
しかし、そうは思ってみても、世の中には躊躇しない人も結構いるようです。
お酒が入って気が高ぶっている人に多いですよね。

旦那の交友関係に口を挟むのは面倒ですし、言うと気まずくなることもあります。
なので、まずは交友関係には触れず、寝る前にサイレントモードに設定してもらうとか、電源を切るなどの対処をしてもらうといいですよ。
寝てて音に気付かないのならば、どちらでも一緒です。

夜中の時間帯の電話は何かと迷惑なので、電話がかかってきたときは怒りたくなる気持ちが出てきます。
感情にまかせて少し怒ってしまうと、旦那の今まで良好だった友人との関係が変わってしまうかもしれません。
まずは、怒る前に旦那と相談をするといいです。
諦めずにこれからの対処法を考えてみてください

旦那の友達が非常識で嫌い!旦那へは言うべき?

苦手だと感じる人に会うのはツライものです。
しかし旦那の親友であれば、会わないわけにはいきませんよね。
ここは我慢するべきか、旦那に気持ちを伝えるべきか悩みます。

『やっぱり伝えよう!』
と思った方、ちょっと待ってください。
伝える前に、旦那がその友達のことをどう思っているのか聞いてみましょう。
例えば、どんな所が好きなのか、良いやつだと思えた出来事など。

きちんと理解したうえで話し合えば、苦手だと思っていた気持ちも変わるかもしれません。
旦那の大切な友達であることを認めることは、大切なことです。

しかし、理解をし認めたとしても非常識なのはやはり困ります。
夜遅くの訪問や休日のお誘いについては困る、という内容は素直に伝えることをオススメします。
「夜遅くは、子供が寝なくて困る」
「今度の休日は家族で過ごしたい」など
思っていることをその都度伝えるのです。

そのうち、少しずつではありますが、旦那も理解してくれるようになり、遊びに出る回数を減らしてくれるかもしれないです。

伝える際は怒り口調ではなく、甘えるような感じで言うと、受け入れてもらいやすくなります。

旦那の友達が非常識で嫌いになるのはどんな時?

配偶者や恋人の友人に嫌悪感や苦手な気持ちを持ったことがある人は、どのような時に抱いたのでしょうか。
実際にあった話を聞いてみました。

女性のエピソードとしてはこのような声が。

・「結婚式の時に、旦那の友達が酔った勢いで全裸になったのことがきっかけで大嫌いに。
一生に一度の大切な式だったのに、なんだか嫌な思い出になってしまった。」

・「頻繁にうちに遊びにきてご飯を食べいく旦那の友達がいる。
たまに来るくらいならいいけど、頻繁にとなると準備のことや食費が上がることなどがとても気になります。
旦那がその事について何も考えていないのも不満です。」

・「新婚夫婦ですが、よく私達の家に遊びに来る夫の友人が、『俺の家がここからだと遠い』と言いそのまま泊まっていきます。
私としては自分の家に他人がいると落ち着かないし、そんな理由で気軽に泊まれる夫の友人の神経が信じられないです。」

また、男性からはこんなエピソードも。

・「彼女の男友達が、よく電話をしてくる。
彼女は『その人はただの友達よ。電話するのは普通のこと』と言う。
でもデート中にも長時間をされるのはやっぱり苦痛だし、仲が良過ぎると感じ浮気しているのかもと疑ってしまう」

旦那や妻の友達付き合いがめんどくさいと思うのはどんな時?

苦手なタイプに友達付き合いが面倒だと感じる方がいるようです。
女性の意見としては、
「チャラいから」
という外見の印象で苦手と感じる声があります。
また、
「話が合わない」
「関西人のノリがうっとうしいく感じる」
など、コミュニケーションが取りづらい時に面倒だと感じるようです。

「会うのも嫌なのに、一緒に食事をしないといけない」
「夫の友達に数名勘違い男とかがいたりして、極力関わりたくないと思ってしまう」
と、会うことすらもいやだと感じる人もいるようです。
また、自分が会うだけではなく、旦那がその人とのみに行くことすらも嫌な気分になることも。

男性の意見としては、
「言動がうざい」
「ちょっと変わったところがある」
と、やはりコミュニケーションが取りづらい人に苦手意識を感じるようです。

ほかには、《おもてなし》をする事が大変で、面倒だと感じている女性がいます。
「夫が友人をよく家に連れてこようとするけど、家だけは勘弁してと思う」
「食べるものに気を使うので、家に連れてこないでほしい」
と、準備などをするが大変なので面倒だと感じます。

旦那さんの友達付き合いはどこまで許せる?

1.たまになら許せる
今は共働きしている家庭が多いです。
なので、昼間は仕事、お互いが合った休みの日こそは家族サービスしたいものですね。
そこに時間を作って友達と会うとなると、なかなか難しいです。

そうなると、合える時間って限られてくるので、仕事が終わった後などの夜…とかになってきますよね。
毎日出かけられるのは寂しいですし、夫婦円満を保つためにも、たまになら許せる範囲でしょう。

月に一度くらいは、友達と会って時間が過ぎるのを忘れるくらい遊んでもいいのではないでしょうか。
旦那がいない時間にゆっくり自由に過ごせる自分の時間を楽しむのも、またいいですよ。
帰りが遅いようでしたら、先に寝てしまいましょう。

2.突然の呼び出しは迷惑
家で夫婦や家族でくつろいでいるところに、友達から夜中に呼び出しがかかるのは、旦那でも自分でも嫌です。
久しく連絡を取り合っていない人ならいいのですが、いつも会っている人なると…。
自分たちの生活に土足で踏み入れられている気持ちになるので迷惑ですね。

 - コミュニケーション, ライフスタイル

ページ
上部へ