恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

離婚したら後悔はつきもの…男と女、色々ありますよね…

      2017/02/11

離婚したら後悔はつきもの…男と女、色々ありますよね…

離婚で後悔しないための方法とは?

そんなことあるのでしょうか?

一度は愛し合って生活を共にしていた相手とどんな理由があったにしろ二人の結末が「離婚」だったとしたら…

後悔や反省をせずにはいられないはず。

新しい一歩を踏み出すと明るい未来が待っているように思うかもしれませんがちょっと待って!

本当にそれでいいの?男性・女性、言い分はあるでしょうが現状維持が最善策かもしれませんよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

離婚してもすっきりしない。女性が後悔するのは「生活面」での不便

「こんな結婚生活なら、離婚した方がマシ!」と思い離婚した場合でも、実際は離婚後に大変な思いをして後悔する女性も多いようです。

一番大変なのが、お金(生活費)の問題。
特に専業主婦だった場合は、ブランクも長く仕事を見つけるのが大変なのです。仕事が見つかった場合でも、十数年前とはオフィス機器が大きく進化してることにより、パソコンの使い方がわからなかったり、コピー機すら上手く使えなかったりなど、様々なところで躓いてしまうことがあります。

貯金も少なく、資格も持っていないという場合は更に大変です。よほど良い条件の仕事でない限り、生活費のために低い給料で長時間働くことになってしまうのです。

また、離婚をした後に夫という家族がいることの利点に気づかされることもあります。
例えばアパートを借りる際にも、しっかりとした仕事に就いていない女性を大家さんは嫌がることもあります。
旦那がいる時は当たり前に出来ていたことも、出来なくなってしまう可能性があるのです。
住む場所さえ見つからないなんて、辛いですよね…。

離婚して後悔しているのは…女性ならやっぱり子供のこと

「最善の選択」と思って離婚をした場合でも、生活面以外でも様々な時に離婚を後悔することがあります。

周りからの偏見もその一つです。
詳しい事情も知らずに、「なんで我慢出来なかったの?」「離婚する人は人間性に問題がありそう…」など、思ってしまう人もいるのです。
精神的に落ち込んでいる時に、周りからそのような言葉も浴びせられて、離婚を後悔してしまう…なんてこともあります。
でも、そんな時は聞き流すのが一番です。離婚は本人たちの問題なんですから、周りからの心無い一言にいちいち傷つく必要は無いのです。

また、子供がいる場合はなおさら後悔してしまうことが多いようです。
離婚をすると片親になってしまい、子供には大きなダメージを与えてしまいます。生活水準が下がってしまったり、学校を転校せざるを得ないという状況になることもあります。
子供にそのような迷惑をかけていることを実感した時に、後悔をしてしまうのです。

でも、どうしても離婚が避けられなかった故の結果なのですから、今さら後悔しても仕方ありません。
そんな時は子供と真剣に向き合って、成長を見守っていきましょう。

有責が女性(妻)にあり離婚。でも親権問題は別。後悔しないためには?

責任が女性(妻)にある場合でも、実は親権問題は別って知っていましたか?

例えば女性側が浮気をした場合でも、子供にとって良い母親であった場合に、親権が女性側にいってしまうことがあるのです…。日本では、男性側が親権をとるのは難しいのです。

男性は、日中仕事をしており家を空けることも多い為、親権を取りたいと思っても不利になります。本気で親権を取りたい場合は、転職なんかも考えなくてはいけないでのです。

妻が浮気して離婚した場合でも、子供には本当のことを言わずに妻が父親の悪口を吹き込み、子供が父親を嫌ってしまうこともあります。面会することも出来なくなり、ただ養育費だけ支払う…というなんとも悲しい結末になることもあるのです。

自分は全く悪いことをしていないのに、妻に浮気をされて親権も取れずに子供まで失った…となると、離婚を後悔する男性も少なくありません。

「離婚をしない」といういうのが子供にとっても一番かもしれませんが、どうしても離婚をしたい場合は、浮気の証拠とは別に妻が親権者にふさわしくないという証拠集めが必要になります。
子供がある程度大きくなっているのであれば、本当のことを話して父親側についてきてくれることもあるでしょう。

いずれにせよ、子供がいる場合「親権問題」は離婚において大きな問題となるのです。

結婚前によく考えて!離婚で後悔するような結婚にだけはしたくない!

離婚の原因となることって、実は結婚前から気になってたことだったりすることがあります。
結婚すれば直るかな?という考えはやめた方が良いかもしれません。

例えば、浮気症の人っていますよね。結婚したら落ち着くと思うかもしれませんが、なかなかそういった癖ってやめられないものです。ましてや、浮気と共にお金を使い込む人もいます。不倫相手と一緒に旅行に行ったり、高級な料理を食べたり…。
家では優しく、いくら子供にとって良いパパであったとしても、そういっただらしない部分が原因で離婚に至ることがあるのです。

浮気は心の問題で許すことが出来るかもしれませんが、お金を使い込んでしまうような人と一生を共にするのは厳しいですよね…。

もし結婚を考えている相手の女癖が悪かったり、金銭感覚がおかしいと思う場合は、本当に結婚相手としてふさわしいのかもう一度考えてみるべきです。

長い時間考えて離婚をしても、後悔することがあります…

専業主婦を一生続けていくのは耐えられない!もっと自由に生きていきたい!といった理由で、熟年離婚をする女性もいます。
離婚により余生を謳歌する女性もいれば、別れてから夫の大切さに気がつき後悔する女性もいるのです…。

でも、離婚してしまったものは仕方ありません。後悔したって、どうしようもないのです。考えが浅はかだったと言えばそこまでですが、その時に正しいと思ってした選択なのです。人生何が起こるかなんて、誰にもわからないのです。

離婚したことで寂しく後悔しているかもしれませんが、誰もが最後は寂しく年老いていくものです。
例え結婚している夫婦の場合でも、いずれはどちらかが亡くなってしまい、寂し一人暮らしになるのです。

今は寂しいかもしれませんが、楽しみを見つけて頑張って生きていくしかないのです。

 - 結婚

ページ
上部へ