恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

結婚式のお金でもめる案件いろいろ。トラブルを避けるために!

      2017/02/14

人生の門出であるはずのおめでたい結婚式。

そんなときにお金でもめるというのは避けたいですよね。

お互いのご両親との関係もあり、苦労するが多いよう。

スムーズにプランニングできないことを前提に話を進めるのが得策かも。

お金に関する決め事だけは共通の認識を持っていないと後々もめる原因に…

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

結婚式のプランが両親と合わない!お金でもめることは前提と思おう

女の子にとって結婚式や披露宴は小さいころから憧れていた夢の舞台でしょう。

膨らんだ夢を現実にするためにアレコレ構想を練っていてもそこに「親」という敵が立ちはだかります。

夢を現実にしたい花嫁と、地域のしきたりやお金を優先に自分勝手なことを言ってくる両親。
こういったもめ事は多かれ少なかれ結婚式・披露宴を執り行ったことのある人なら経験することでしょう。

やりたい結婚式のイメージが親と子供では違いすぎるので両者の間でもめることが出てくるのでしょう。

いくら二人でお金を出し合って挙式すると言っても自分の挙げたい結婚式ができるとは限りません。

結婚式は「両家」で執り行うものですので自分がしたいことだけしたいようにできないものだと思った方がいいかもしれませんね。

結婚式のことであまりにももめると結婚式後の生活で気まずくなってしまうかも…。

結婚式も大切ですが、結婚生活の方がもっと大変で大切です。

結婚式でもめることを最小限にするためにお金について話し合う

そうは言っても人生に一度の結婚式だもの自分のプランを優先させてほしい!
花嫁なら誰でもそう願うはずです。

全部自分の思い通りに…
これは無理だと思いましょう。
そのうえで自分が絶対に外せないものの優先順位を書き出してみて。

したことのない結婚式というイメージだけが先行して本当に自分が何をしたいのかがわからなくなっている場合もありますよ。

そのうえで彼や両親と話し合いを持つとプランニングがスムーズに進むかもしれません。

ここで一つプランの前に話し合わなければならないのは結婚式にいくらくらいのお金がかかるのか、そのお金は誰がどの位出すのかということ。

お互いの懐事情をさらけ出すのは勇気のいること。
それにお互いの実家の暮らしぶりも現実的に知らせることになることでしょう。

でもこの「お金」のことを曖昧にしていると結婚式や披露宴についてもめる原因となるのです。

ただでさえ決めることが多い結婚式や披露宴のプランニングを円満に進めるためにはお金の認識は絶対に両者両家一致させておかなければなりません。

お金でプランで… 結婚式についてもめたことはいい思い出にならない

結婚が決まって幸せで充実した日々を過ごす…
と想像していたけど現実はなんか違う…

結婚式や披露宴のことを決めるのに婚約者である彼氏とケンカばかりしている…

こう落ち込む人は少なくありません。

そこで少し自分の振る舞いを振り返ってみましょう。

まず「主役は私!」という態度をとっていませんか?
もちろん花嫁は結婚式の主役ですが主役だからと言ってすべて自分の思い通りにできると勘違いをしていませんか?

彼氏の意見をきちんと聞いていますか?
否定ばかりしていませんか?

両家の意見は古いし体裁を整えるための感じがすることはわかりますが、今まで育み育てていただいた両親の顔を立てることも結婚式・披露宴の役割でもあります。

ドレスのランクや料理のコースも大切ですが今まで別々の道を歩んできた二人が一緒になれるのも両親のおかげでもあるのです。

両親が言う事は勝手なことばかりに聞こえるかもしれませんがしっかりと話を聞いて両家の想いに答えることも考慮しましょう。

結婚式を執り行うことについてもめたことは「あの時は○○だったね」なんて笑って話せる思い出話にはならないと思った方がいいです。
こういったもめ事はお金も絡んでくるものなので後々響いてくるのです。

花嫁の本音!両親とのジェネレーションギャップがウザい!

そうは言ってもしたいようにしたい!というのがぶっちゃけ本音でしょう。

そこでみんなは一体どんなことで結婚式についてもめているのでしょうか?

イマドキの結婚スタイルを理解できない両親ともめることになりがちな例は「親戚一同を呼んで結婚式と披露宴をしなければならない」と言い張られた場合に折り合いがつかないことが多いようです。
もめることの一番の原因はこのジェネレーションギャップからくるのではないのでしょうか?

お金をあまりかけずにシンプルでこじんまりとしたスタイルで執り行いたいのに「披露宴は盛大に」と言い張る両親。
ハワイで挙式なんて絶対に理解されませんね。

そして衣装、ドレスの事でも意見が合いませんね。
若くてきれいな女の子に嫉妬してるの?
衣装について無駄な出費だと未来のお姑さんから言われてしまう事も。
ドレス代は新婦側が負担すれば文句をつけられずに好きな衣装を着られるかも?

女性にとって必要なものは男性からしたら無駄でしかない

どんなことでもお金のことでもめたくないですよね?

ドレス代は自分の負担にすると好きなものを着ることができるかも?と言いましたがここで注意しなけらばならないことがあります。

それは「自分の分は自分で出すからすきにしていいでしょ?」と彼に相談しないで決めることです。

ドレスにそんなにかかるのだったら他のところに費用をまわして欲しいと彼が思っていたら…
それは後々違う形となってもめる原因を作ることになりかねないからです。

いくら自分で出すと言っても二人の結婚式です。
彼の了解を得てから決めるようにしましょう。

男の人には理解しがたい女の子の夢をかなえることは本当に難しいのです。

女の人にとって必要なことも男の人にとっては無駄でしかないのです。

そういった気持ちは理解してもらおうと思わない方がいいのかも。

でも結婚式に関することはいくら自分で負担するとは言っても「お金」の事なのできちんと話をしましょうね。

 - 結婚

ページ
上部へ