恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

結婚式の交通費はどこまで?気になる問題を教えます!

      2017/02/14

結婚式の交通費はどこまで?気になる問題を教えます!

結婚式の交通費はどこまで負担する?と聞かれたらみなさんどうしますか?

新郎新婦はもちろん、遠方からのゲストにとっても負担はしてほしいもの。

どんな方法で快く来てもらえるかを、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

結婚式の交通費はどこまで渡す?それとも渡さない?

交通費を渡すのをどこまでの距離にすればよいのか判断に迷いますよね。
基準は個人の考え方によりますが、新幹線や飛行機を使って参列してくれた方には、お車代として渡したほうが良いでしょう。

全額ではなくても、半分でも渡すと参列してくれた方の負担も減りますし、喜んでもらえるのではないでしょうか。

また、例えば東京で結婚式をした場合愛知や静岡、栃木や群馬など2県以上離れた場所から来ていただく方にもお車代を渡す傾向にあります。

親族の場合にはその家のルールに従うと良いので、まずはご両親に確認をとりましょう。

もし、交通費を負担できない時にはあらかじめゲストの皆さんに「交通費はだせない」ことを、一言伝えておくのが安心です。

結婚式の交通は全額負担? どこまで負担すればいい?

交通費や宿泊費の負担に関しては、新郎新婦とゲストの関係にもよります。
全国に親族が散らばっている場合は、お互い様だからという理由で、宿泊や交通費は自己負担でと決めていることもありますので、それぞれの両親に確認してみて下さい。

友人には、「「宿泊費や交通費は出せないから、ご祝儀はけっこうです」と言う場合もあるようですが、こちらはあまりお勧めはできません。
ご祝儀はいらないと言われても、手ぶらで行くわけにはいかないと、きっと友人も悩むと思います。余計に精神的にも負担がかかることになりますね。

遠方のゲストの宿泊費・交通費を全額負担する時は、新郎新婦がすべて手配しチケットを事前にゲストに送りましょう。

半額を負担する時は、現金をお渡ししてもいいですし、宿泊施設か交通チケットのどちらかを手配する、という方法でもよいでしょう。

どちらにせよ、遠方のゲストに気持ちよく来ていただけるよう事前にどうするのかをしっかり決めて伝えておきましょう。

結婚式の交通費はどこまで?相場や渡し方のマナーとは

交通費を渡す判断基準は、飛行機を使う方・新幹線で来られる方・特急券が必要な電車で来られる方、そして高速道路を利用される方です。

そのほかの方には、交通費を渡さなくても大丈夫でしょう。

全額を新郎新婦で負担する場合にはチケットを手配しゲストへ事前に送るのがいいですが、そうではなくお車代としてお金を包む場合には、実際にかかる交通費の半額程度が目安になるようです。

そのため、主要都市間のお車代の目安は、下記の通りとなります。
主要都市間のお車代の目安

・東京⇔大阪:1~1.5万円・東京⇔札幌:1.5~2万円
・東京⇔福岡:1.5~2万円・大阪⇔福岡:1~1.5万円

親戚の方へは各家庭にもよりますが、お車代を渡さないことが多いようですので確認してみて下さい。

どこまで出しますか?悩める結婚式の交通費事情

私の結婚式の場合の話になりますが、親から結婚式の援助を受けることもなく何とか披露宴をあげることができました。

遠方から来ていただくゲストの多い披露宴になりましたが、新幹線や飛行機代はもちろん駅からホテルまでのタクシー代、ゲストのかたの着付け代などもすべて負担しました。

「そこまで負担してもらわなくても大丈夫ですよ。」といってくれた方もいましたが、私たちは結婚式は大きな金額にになることを覚悟していましたし、時間を作って遠くからきてくれた方たちに感謝しているので気になりませんでした。

私自身も、友人の結婚式に出席した時にはやはりお車代として頂きました。

ゲストに気持ちよく来ていただくためにお金のことであまり負担をかけたくないと考え披露宴まで準備しました。

どの方法が正しいのかわかりませんが、ご参考になれば幸いです。

結婚式に出席する際の交通費の負担は事前に教えるべき?

ゲストが安心して出席できるように、交通費の話は事前に伝えておきましょう。

実際に、友人の結婚式に出席された方が、交通費がかかるからとご祝儀を少なめに用意して行ったら、受付でお車代として交通費を渡され、ご祝儀を少なめにしたことを後悔し、披露宴の最中もそのことがきにかかり落ち着かなかった、という経験をされた方もいます。

やはり事前に、交通費を出す旨や「交通費として1万円ぐらいで考えております。」などはっきり伝えてもらった方がゲストもご祝儀の金額を考えられるので良かったのではないでしょうか?
 
とはいえ、交通費の負担の話がないからといって「ご祝儀を少なくする」というのはマナー違反だと思います。
お祝いに駆け付けるのが本来の気持ちですね。

 - 結婚

ページ
上部へ