恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

結婚祝いで貰って嬉しいものはお金か品物か?マナーなど解説!

      2017/02/11

結婚祝いで貰って嬉しいものはお金か品物か?マナーなど解説!

結婚祝いに何を贈ろうかと悩む方多いですよね。

贈った方には喜ばれたいですし、お金や品物どちらで贈ったらよろこばれるのか

そこで、実際に貰ったら喜ばれたものや贈る時のマナーなど、まとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

結婚祝いのマナー!お金を送るパターンと品物を送るパターン

招待状を受け取っていないけれど、結婚のお祝いをしたい。とお悩みではないですか。

もちろん招待状を受け取らなくてもお祝いを贈っても大丈夫ですよ。

結婚祝いは、これから結婚する二人を祝福して贈るお祝いのことです。

マナーとしては「現金」または「品物」を贈りましょう。
では、どてらがよいのかまた悩みますね。
基本はどちらでも大丈夫です。

・現金の場合は・・・
結婚・披露宴の当日に持参するのが一般的です。
(ごく親しい関係の人は除きます。)

結婚祝いの現金は、のし袋にいれて贈りましょう。

紅白または金銀結び切りの水引のついた『のし袋』に入れるのがよいでしょう。

「のし袋」の表書きには「寿」または「御祝」と記入します。
袱紗(ふくさ)や小さめのふろしきなどに包んで持参するとスマートです。

・「品物」を贈る場合は・・・
結婚式、披露宴の1ヶ月前から1週間前が一般的です。

贈り物は、結婚されるかたのほしがっっていたものや、希望を聞くのもよいでしょう。

結婚祝いのお金や品物を渡す時のタイミング

結婚祝いとは・・・
本来、品物を贈ることを指します。
広い意味では現金も結婚祝いに含まれます。

結婚祝いの正式な渡し方は、相手の自宅まで伺い、大安や先勝などの吉日の午前中に直接手渡します。

しかし今では結婚式当日の1ヶ月前~1週間前までに送る方法が一般的です。

訪問するのがむりだからといって、当日持参することはなるべくやめましょう。
先方の荷物を増やすことになってしまい、迷惑がかかってしまいまので。

次に、結婚祝いの包み方やのしの書き方を紹介します。
「結び切り」ののし紙を使います。
これには、一度結ぶと引っ張ってもほどけない、という意味があります。

表書きには、筆ペンなどで「寿」と書きいれます。
そして、水引の下の段に、贈る人の名前を記入しましょう。

金品の場合は「結び切り」の水引ののし袋に「御結婚御祝」「ご結婚祝い」「寿」「御歓び」などがあります。

「祝御結婚」は四(死)文字になりますのでお祝いごとには避けましょう。

結婚祝いはお金の方がいい?品物の方がいい?

結婚祝いを贈りたいけれど、どのくらい包むのが普通なのかしら?と悩みまますよね。

結婚のお祝いは、一般的にはご祝儀として現金3万円を包むことがおおいです。

仲のよい友達には、お祝いの品物をおくるのも、気持ちがこもっていてよいでしょう。

金額については、特に決まりはありませんが一万円程度、
あくまで気持ちですので数千円程度でもいいのです。

また、現金で3万円+事品物で1万円、合計金額が4万円ですと縁起が悪いでしょうか?という質問がよくありますが、この場合は特に問題ありません。
ただ、あまり高価すぎても、恐縮してしまうので、相手との関係性を考えてみてください。

結婚披露宴は、お料理や引き出物などで1人当たり大体2万円程度の経費がかかります。
ですので、現金のほうがありがたい、助かる、など意見も聞こえてきました。

品物については、「カタログギフト」や「商品券・ギフトカード」などがもらって嬉しいランキングの上位でした。

結婚祝いのご贈答のマナーは?

結婚のお祝いの品を贈るときに気をつけたいことを紹介します。
まず大切なことは、贈る相手への配慮です。
親しい関係の場合は、なにが欲しいか事前にリクエストを聞いてみるのも喜ばれますね。
そうでない場合は、これからの生活に役立つもの、必要であろう物、場所をとらない物、いくつあっても邪魔にならない物、などがよいでしょう。

「避けた方がよい贈り物」としては、ガラス製品・陶器製品などのほかに、はさみ・包丁類です。
「壊れる」・「別れる」・「切れる」・「割れる」などの意味に通じてしまい縁起がよくないものとされています。
セットになったもので、「四・六・九」の数字も避けましょう。「死・ろくでなし・苦」に通じるためです。

贈る時期については、正式には、挙式当日の1ヵ月前~1週間前くらいまでの間とされています。
相手の都合のよい吉日を選んで、ご自宅に持参するのがしきたりです。

持参せずに送る場合は、購入したお店で発送してもらうか、郵送、宅配便など利用しましょう。

結婚祝いで喜ばれるものってなに?

結婚のお祝いで喜んでもらいたいですよね。

「一番嬉しかったものはなんですか?」の質問に、やはり「現金」が一番多い回答でした。
次に、「商品券」です。

「現金」や「商品券」は、結婚資金にお金がかかったのでで、単純に嬉しい。という意見もあります。
また、金額がはっきりしていると、お返しが返しやすいそうです。

続いては、「食器」です。
新しい生活に、真っ白い新しい「食器」はステキですね。おそろいのマグカップ、お茶碗なんかもいいですね。

「キッチンアイテム」も喜ばれます。
これから毎日食事をつくるわけですから、キッチンアイテムは必須です。
最近はいろいろと便利なグッズも増えてきていますので、選ぶほうも楽しいですね。

最近多い「カタログギフト」も人気です。
雑貨から食料品、生活用品と種類も多種多様ですので、欲しいものを選ぶことができます。
ほかに「家電」も嬉しいそうです。ホットプレートやコーヒーメーカーなど、新婚家庭一台にあると便利ですよね。

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 結婚

ページ
上部へ