恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

彼女から喧嘩で冷めたと言われた!その理由と対処法

      2017/02/11

彼女から喧嘩で冷めたと言われた!その理由と対処法

付き合っている彼女と喧嘩をして、彼女から冷めたと言われたあなた!
その理由は解っていますか?その理由と冷めた彼女の気持ちを取り戻すための対処法をまとめてみました。また、毎回喧嘩をしてしまうが復縁したい方やそのアフターケアも紹介しています。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

彼女が喧嘩で冷めた時のアフターケア

「喧嘩するほど仲が良い」と昔から言われていますが、ただ感情をぶつけあって気まずいままの喧嘩では、逆に関係が破たんしてしまいます。

喧嘩の役割は、お互いに抱いている不満やストレスを吐き出し、それによって相手の不満を知ることができるわけです。

そこで自分の間違いに気づいたらきちんと謝ること。男性と女性の喧嘩では、たとえ女性に非があっても男性がとりあえず謝ることで場がおさまることもあります。

とにかく喧嘩を終わらせて、お互いを見直してみる。喧嘩の最中に感情的になって行き過ぎた言葉があった場合もきちんとフォローすることが後々に遺恨を残さないためには大切です。

「あの時はひどいこと言っちゃったけど、そんなこと思ってないからね、これからも仲良くやっていこうね」

そんな言葉で丸く収まる喧嘩なら、2人の絆はより深まっていくものです。

仲直りしたら美味しいものを食べに行ったり、DVDを一緒に観たり気分転換するのもいいでしょう。

喧嘩で冷めた彼女の気持ちに気づいた時

喧嘩をするということはお互いの素の感情のぶつけ合いでもあります。

その言葉と態度に、普段の彼女とは違った一面が見えることがあります。愛情、怒り、嫉妬…。もしかしたら、その場になって彼女の気持ちが自分から離れていっているのでは?

彼女の冷めつつある気持ちに気づいたら、もう一度正面から自分の気持ちを伝えましょう。離れたくない、ずっと一緒に歩んでいきたい…そんな言葉をダイレクトに投げかけられたら女性として悪い気はしないものです。

そこからもう一度関係を修復していくのです。

ただし、これが当てはまらないケースがあります。それは、彼女の気持ちが「冷めつつある」のではなく「冷めきっている」、「すでに離れている」ときです。

この場合は前述したようなストレートなメッセージが逆に嫌悪感を持って受け止められてしまうのです。

このデリケートな見極めは非常に重要です。

もしそうなら、仕切り直して別の方法での関係修復が必要になります。

彼女が彼の喧嘩腰な態度に気持ちが冷めてしまうとき

カップルで食事する場面。男性は少しでも彼女に自分をよく見せようとして間違った手法に走ることがあります。

自分の強さ、男らしさのアピールをはき違え、飲食店の店員に上から目線の横柄な態度をとるのです。

「自分は金を払った客なんだから何をしてもいい」
「お客様は神様だろう?」

こんな態度は、常識をわきまえた彼女であれば、当然「こんな人だったのか」と気持ちが冷めてしまいます。

忙しい時間帯なのに、店員の対応が少し遅れただけですぐに喧嘩腰のクレームを入れる、といった行動は一緒にいて恥ずかしくなります。たとえクレームであっても、冷静に丁寧な態度で要求を伝えるべきです。

自分には優しい顔を見せてくれたとしても、他の人に対してはこんな態度をとるのかとガッカリ。「男らしさ」と「乱暴、横柄」は全く別物だと理解して欲しいものです。

彼女は冷めたのではない。変化する「愛情」のありかた

付き合い始めたころの情熱的な気持ちをいつまでも持ち続けるカップルはどれほどいるのでしょう。

例えば彼は燃え上がるような愛情を維持し、彼女は穏やかな愛情の時期へと移り変わっているとしたら。

彼は「彼女の気持ちが冷めてしまったのでは…」と不安になることがあるかもしれません。

長く付き合っていくのであれば激しい感情を維持することは非常に難しく、いつか息切れするように疲れ切って良い関係を維持できなくなることも考えられます。

「自分はこんなに愛しているのに、彼女はどうして同じように愛してくれないのか」と考えるようになるかもしれません。

しかし、愛情の形や熱量は目には見えないもの。彼女はゆったりと暖かな愛情であなたを包み込んでいる状態なのではありませんか?

自分が欲しい愛情を求め過ぎると、かえって彼女を追い詰めて本当に気持ちが離れてしまうでしょう。

焦って彼女を責めたりすれば本当に彼女は冷めてしまいます。恋愛は自分の気持ちだけでなく、彼女の気持ちもあってこそなのですから。

気持ちが冷めたわけじゃなのに喧嘩別れ。もう一度やり直すには?

大好きな彼女なのに会うたびに喧嘩。お互い嫌いになったわけじゃないのに勢いで言った「別れる!」が現実に?

どうしてこんなことになってしまうのでしょう。

結婚を意識する年齢になると「好き」という気持ちだけではどうにもならない現実を感じてしまうことがあります。

女性はロマンチストであると同時に現実派。学生時代は彼のちょっと頼りない部分が魅力だと思っていたのに、先に「結婚」を意識したときに「この人で大丈夫?」という意識が働きます。

男性からすると「そんなのは先の話だから」と軽く考えていると彼女との温度差が生まれ、いさかいの原因になったりするのです。

もし、お互いの思いが残っているのなら彼女との復縁は可能な段階でしょう。

彼が将来を見据え、必要な勉強を頑張る。仕事を頑張る。その覚悟を決めて気持ちを伝え
ることです。

彼女と復縁したいのなら過去の自分に決別し、必死で挽回する気持ちで頑張らなければならないのです。

 - 恋愛

ページ
上部へ