恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

社会人で一人暮らしだと食事が面倒…不健康になってしまいます

      2017/02/11

社会人で一人暮らしだと食事が面倒…不健康になってしまいます

社会人で一人暮らしをしていると食事がついつい偏りがちになりますよね

好きなものだけ食べるようになったり、手軽なもので済ませてしまったり…

みんな食費にどの位かけてるの?

健康的な食事を続けるコツってある?

実践したい工夫や知恵集めました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

社会人の一人暮らしってみんな食事にどの位かけているの?

一人暮らしの1ヶ月の食費ってどれくらいかけていますか?

自分は節約をしているつもりであっても実は予想以上にお金がかかっている事があったり…。

一人だからこそ、今から節約術を身に付けておきませんか?

そこでまずは食費から!

一人暮らしの1ヶ月の食費の平均を見てみましょう。

2015年に総務省が発行したデータによると、一人暮らしの人が1ヶ月にかけている食費の平均は37,486円。

しかしあくまでも平均。男女別ではどうでしょうか?

2013年の家計調査では

男性の食費平均が1ヶ月当たり43,353円
女性の食費平均が1ヶ月当たり35,958円

と、男性のほうが女性よりも約8,000円多いという結果です。

しかし、節約といったって不健康になってしまう節約の方法は良くないですね!

例えば買い物をする時はスーパーが割引になる夕方以降を狙ってまとめ買いをするとか、お肉を多めに買っておいて後は小分けにして冷凍保存とか方法はさまざまですよね!

野菜はたくさん買うと余して痛ませてしまう可能性大ですので、使い切れる分をこまめに買っていくなどして上手に節約していきましょう!

社会人、一人暮らしの食事には「米」を味方に食事を摂ろう!

一人暮らしだと、お米を炊くことすら面倒になりませんか?

お米を炊いた時って大体は炊飯器の保温機能を使って保存している方がほとんどだと思います。
しかしその保温機能もやはりずっとお米を美味しく食べられるというわけではないんです。

そこでいつまでも美味しいお米を食べたいアナタ!お米を炊いたけどいつも食べきれなくて余してしまうアナタ!

そんな時はやはり冷凍保存が役に立つ!

お米を炊くときに多めで炊きましょう!

炊けたらラップに1食分を取り分け、冷凍するだけなのです。

冷凍したご飯は3日~4週間は美味しく食べられると言われていますので、週の始めなどに1週間分まとめて炊いてしまうのもとても効率が良いですよね!

食べる時はラップをしたまま、電子レンジで温めるだけで炊きたてのごはんが食べられるというワケです。

最初は面倒でもやっていくうちに慣れてきますよ!これは男性だって、できることなんです。

しかし、気を付けてほしい事は霜が付いたご飯は風味が落ちてしまうのでラップした後は冷凍用のジッパー付きの袋などに保存するとなお良いかもしれないですね!

忙しい社会人の一人暮らしには食事宅配サービスを利用する

忙しくて自炊する時間もない…!そんな社会人のみなさん!

そんな時は”食事の宅配サービス”などを利用すると良いでしょう。

やはり、健康面や金銭面を考えると自炊するのが一番と言われています。

貯金がなかなかできない…という人はやはり外食など頻繁にしてはいませんか?

そこで食事の宅配サービスとはどんなサービスか、ご紹介していきます。

食事の宅配サービスは冷凍で届けられたものを解凍して食べるというサービスがほとんどで、届けられてもすぐに食べられない!という時などは冷凍されているので衛生面でも安心と言えるのです。

その献立は管理栄養士が献立を作っているので栄養もしっかり取れます。

献立メニューは飽きないようにちゃんと考えられており、日替わりですのでコンビニ弁当など、いつも定番で飽きるということが無いようになっています。

健康のことまで考えてくれたサービス、ありがたいですよね!

そういったサービスはどんどん利用してもらいたいのですが、まずは1週間に数回の利用など少しずつ試していってみるのはどうでしょうか?

一人暮らしで太らないために…バランスよく食事を摂るための工夫

一人暮らしをしていると栄養も偏りがち…。

少し太ったかな?ちょっと痩せたかな?

そんな人は食事のバランスに原因があるのかもしれませんね。
しっかりバランスが取れた食事をしていつまでも健康でいたいと思っているのは皆さん同じです。

しかし、忙しさ故、バランスよくなんて出来ないのも現実ですよね。
そんな時にちょっと工夫をするだけでちゃんとバランスが取れた食事をとることが出来るのです。

その方法は、

~休日に作り置きをする~
平日は自炊やお弁当を作る時間がないって人は、時間のある休日などに1週間分を作り置きしておくのがおすすめです。
鮭やサバなどをお弁当に入るサイズにカットしてから焼いて冷凍保存しておけば、平日はそれをお弁当箱に入れて自然解凍でお昼においしく食べられます。
そして冷凍庫からお弁当箱に詰めるだけの簡単な作業です。

~野菜だけのお弁当を持参する~
野菜は意識的に摂取するようにしましょう。
休日に作り置きのおかずを作る時間もなく、どうしても外食やコンビニ食などが多いという人は、自宅から野菜だけを詰めたお弁当箱を持参するのがおすすめです。サラダでも、温野菜でも、野菜炒めでも何でもOK。
そして自分の好きなドレッシングを持参したり、いろんな野菜料理のレパートリーを増やせば、野菜をおいしく楽しく食べられるでしょう。

一人暮らしの皆さんへ バランスよく食事を摂るためのアドバイス

バランスよく食べるには、

「主食」「主菜」「副菜」を3つをそろえることがとても大事なことだと栄養士の人は言います。

主食とはどんなもの?
ご飯、パン、麺など。

主菜とはどんなもの?
肉、魚、豆腐などの大豆製品の蛋白質のおかず。

副菜とはどんなもの?
野菜をメインとしたおかず。

そして汁物をプラスして水分を取るとなお良いですね!

例としては

朝‥パン、ウインナー、トマト、牛乳
昼‥ごはん、豚肉の生姜焼き、おひたし、みそ汁
夜‥ごはん、サバ味噌、ごまあえ、ワカメスープ

などのメニューがバランスがしっかりとれたメニューとされています。

最近、肌が弱くなった、よく眠れない、ストレスなどを感じることはありませんか?
さまざまな理由がある中でそれは栄養不足からくる場合だってあります。

野菜は一日に350gは必要だと言われています。
たくさんの野菜を取ることは大変なことですが、健康のため、頑張ってみてはどうでしょうか?

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - ライフスタイル, 生活

ページ
上部へ