恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

高校受験の勉強はラスト1ヶ月が大事!受験前にやるべき勉強とは

      2017/02/11

高校受験の勉強はラスト1ヶ月が大事!受験前にやるべき勉強とは

高校受験もあと1ヶ月。ただ勉強しているだけではもったいない!ラスト一ヶ月で実力を上げることは可能です。

ではラスト一ヶ月、どのようなスケジュールを立てて勉強をすべきなのでしょうか?

高校受験まで一ヶ月に迫った時の勉強についてまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

スポンサーリンク

高校受験の勉強もあと1ヶ月!スケジュールの立て方は

高校受験まであと1ヶ月しかないとなると、焦りも出てくる頃かと思います。
でも、そんな時こそきちんと計画を立てて勉強する事が大切なのです。

例えば、平日は学校から帰宅する17時頃に勉強を始め夕食の時間まで1時間ほど頑張ります。休憩や入浴をした後、再び20時~23時頃まで勉強をするのです。平日でも、なんと4時間勉強する事が出来るのです。

勉強する科目については人によりますが、時間が無い場合はある科目を捨てるというのも一つの手段です。

ある人の場合だと、国数英の配点が100点、理社の配点が50点だったということから、数学と英語に特に力を入れて勉強するスケジュールを立てたようです。全部を頑張ろうとして中途半端になるよりは、ある意味賢い選択なのかもしれません。

そして休日には気分転換に場所を変えて、図書館で友人と勉強をする。休日の場合は8時間くらい出来ます。家に居ると煮詰まってしまう為、場所を変えるというのも得策でしょう。

このように、自分なりのスケジュールをまずは立てることが大切です。

高校受験までラスト1ヶ月!受験前にやるべき勉強とは?

さて、自分なりの勉強のスケジュールを立てることが出来たが、具体的にどんな勉強をすればいいのか悩みますよね。

本番の試験で力を発揮する為には、実践的な練習が大切になってきます。

その為ラスト1ヶ月は、過去問や類似した模試を解くことをおすすめします。

例えばサッカーでパスやシュート練習だけしていても本番で思うように力が出せないのと同じように、練習試合を繰り返さなければ対応力が身についてこないのです。

対応力を身に着ける為にも、まだ過去問を解いたことが無い人はこの一ヶ月間で取り組んでみたり、すでに解いた人は再度繰り返し解くというのも効果的でしょう。

高校受験まであと1ヶ月で、新しい知識を入れようと詰め込んでいくのはおすすめしません。まだまだ知らないことが沢山ある…と焦ってきてしまうのです。
知識をしっかりと身に着けたつもりでも、模試などで上手く解けなかったという経験をしたことがある人も多いでしょう。
この時期は、今まで学んできた知識を試験本番で上手に引き出す為の練習をしていくべきなのです。

高校受験は1ヶ月の勉強で実力を上げることができる!?

高校受験まで1ヶ月しかない場合、「今から何をやっても無駄なんじゃないか…」と弱気になったり、諦めたくなるものですよね。
でも、最後の1ヶ月何をするかで合否が変わってくるのです。
まだ諦めるのは早いです。残り1ヶ月であっても、実力を上げることが出来ます。

とはいっても、高校受験に必要な0~100までの知識を全て詰め込むことが出来ると言っているわけではありません。

限られた時間の中でも、効率的な勉強をすることで実力を上げることが出来るということです。
そこでポイントになるのが、「解けなかった問題を必ず復習する」ということ。
この時期は基礎を学ぶよりもひたすらに問題を解き、出来なかったところを復習するべきなのです。
教科書を読んで覚えようとするよりも、自分が間違えてしまったところの方が印象が残る為、覚えやすくなるのです。そしてこの方法は、勉強時間の時間短縮にも繋がります。

特に参考書については、試験に出やすい問題が多いため効果的でしょう。

この1ヶ月、あなたがいかに効率的に勉強するかで結果が変わってきます。

高校受験1ヶ月前は守りの勉強に切り替える!?

受験というものは、結果がついてくるものです。受かる人、落ちる人…。
では、受かる人と落ちる人の違いはどこにあるのか?
実は落ちる子にはある特徴があります。
それは、「自分と同じレベルの子が出来る問題をミスしてしまう」ということです。

例えば偏差値50の高校を狙っている場合、平均的な点数を取ることが出来れば合格することが出来ますよね。でも基礎的な問題を解けない場合、他に点数を取れる箇所は残念ながらありません…。基礎的な問題は必ず正解出来なければいけないのです。
偏差値55の高校に行きたい場合は、基礎的な問題はもちろん、標準問題も解く力が必要です。難問で得点を狙うのは厳しいでしょう。
偏差値60の高校だったらどうでしょうか。ここでは、難問が正解出来るかどうかがカギになってきます。そんな中で基礎問題や標準問題でミスをしていては、残念ながら落ちてしまいます。

高得点を狙う為には、同じレベルの子が解けない問題が解けるということももちろん大切です。でもそれ以上に、同じレベルの子が解ける問題は必ず出来るようにしておくということが重要なのです。

高校受験1ヶ月前にやってはいけないこととは?

受験まであと1ヶ月という、誰もが焦ってくるような時期にやってはいけないことがあります。

それは、「他人と自分を比べる」ということです。
受験が近づいてくると、本当に自分の実力で合格できるのか?周りはどんな勉強をしているんだろう?模試の判定はどれくらいの結果が出ているんだろう?・・・と、あれこれ気になってしまうのも仕方ないと思います。
でも考えてみてください。友達が、自分がしていないような勉強をしていたり、模試の結果がA判定だった場合、あなたは更に焦ってしまうばかりで勉強に集中出来なくなってしまうため逆効果なのです。

他人と自分を比べて良いことなんてありません。だって、勉強を始めた時期や毎日の勉強時間も違えば、得意・不得意な教科だって違うのですから。

あなたはただ、自分を信じてあなたの勉強に集中すれば良いのです。

 - ライフスタイル, 勉強・学校

ページ
上部へ