恋の悩みに迷うあなたの情報サイト

ラブリ

バツイチで再婚+子連れでも幸せになれる?再婚のポイント!

      2017/02/11

バツイチで再婚+子連れでも幸せになれる?再婚のポイント!

バツイチで再婚する人は大勢いますが、子供がいる場合はどうしても慎重になってしまうものです。

バツイチで再婚、子連れでも幸せになるには?50代バツイチ子連れでも再婚で幸せになれる?バツイチ子連れの再婚はあり?なし?

など子連れ再婚のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで呼ぶ? 差のない上手な選び方とは?

結婚が決まったばかりですが、結婚式の招待客の人数にあまりにも...

彼氏がインフルエンザになったら、こんなメールが喜ばれます!

彼氏がインフルエンザにかかってしまったら、すぐにでもお見舞い...

マンネリ?冷めた?彼女の性格が変わった原因を探る

付き合いが長くなって関係が落ち着いてくると、彼女の性格が変わ...

彼女にわざと嫉妬させる彼氏。なぜ?その心理が知りたい!!

彼女をわざと嫉妬させる彼氏だったら、困ってしまいますよね? ...

彼女が病気なのに心配してくれない!?彼の本心を知りたい

自分が病気になり、彼氏は当然自分のことを心配してくれていると...

彼女が男友達と話すことに実は嫉妬している!?彼の本音とは…

自分の彼女に男友達が多い場合、態度には出さなくてもあまり嬉し...

彼氏と友達みたい→別れたい?!別れるのは早いかもしれません

彼氏が友達みたいになってくると別れたいと思う女性はどのくらい...

彼氏と旅行へ行く計画を立てる時には予算の話をしっかりとしよう

彼氏と旅行へ行く時に、どこへ行ってどのような宿泊プランにする...

彼氏と旅行に行くときは親に話している?反対されたら?

彼氏と旅行に行くことは両親に話してから行きますか? 色...

年上彼女は2歳上が理想的!?男性・女性それぞれの意見

男性が年上の女性に魅力を感じるのはどのようなところなのでしょ...

年上の彼女で4歳以上離れている!男性の本音は?調査しました!

最近では年齢の差があるカップルも増えてきましたね。男性は女性...

兄妹の結婚式。出席する場合のご祝儀はいくら?

兄妹が結婚が決まったら、やっぱり嬉しいものですね。そんな時気...

[大卒と高卒]学歴と結婚の関係性があるのかを徹底調査!

結婚の約束をしたカップルが親に学歴を理由に結婚を反対されるケ...

彼氏から連絡こない。2週間がたったのに・・・別れの危険性も!

彼氏はメール無精な人だけど…。彼は仕事が忙しい人だけど…。わ...

年下の彼女の呼び方!呼び捨てで呼んで欲しい?男らしさを示そう

付き合っている彼女が年下なら彼氏としてはやはり呼び捨てにして...

彼氏に対してイライラ。その原因不明の対処法とは!

嫌いになったわけじゃないのに、なぜか彼氏に感じるイライラ。優...

男性はなぜ甘えん坊の彼女がかわいい?どんな仕草が惚れ直すのか

彼女にするなら甘えん坊の彼女とつきあいたいと思う男性は多いよ...

結婚を後悔した時に、思い出すのは元カノの事?

結婚をしてから後悔したと思うときは誰にでも一度はあるのではな...

結婚祝いを渡す時期は入籍後?結婚式?いつ渡す

結婚祝いを渡す時期とは、一般的には結婚式前に渡すのがよいみた...

女性のメールが長文は脈アリなのでしょうか?

女性から長文のメールが来た場合脈ありなのかと考えてしまいませ...

バツイチで再婚、子連れでも幸せになるには?

子連れで再婚となれば、一番気がかりなのは子どもがどう感じるか、ということになります。もちろん、気を遣わなければならないデリケートな部分であるのは確か。でも、あなただって母親である前に1人の女性です。

この人は、子どもの良い父親になれるのかという部分にばかり気を取られ、自分自身がどう感じているのかをおろそかにしてはいけません。

父親としてはいい人だけれど…そんな迷いがあるのなら、自分の胸の内をしっかりと見つめ直すことが大切です。

いざ再婚することが決まっても、子どもと仲良くなって欲しいあまり「新しいお父さんの方が良い」という刷り込みや比較はしない方がいいでしょう。

たとえ元夫に不満があったとしても、子どもにとっては父親であることに変わりありません。

再婚相手の男性が新しい父親だと自然に受け入れるまでは焦らずに見守ることも大切です。

50代バツイチ子連れでも再婚で幸せになったカップルは多い!

日本では離婚や再婚に対して否定的見方をされがちでしたが、最近は中高年カップルの再婚も珍しくはなくなってきました。50歳、60歳で幸せな再婚をしている人たちはたくさんいます。

人によっては相手を探す、いわゆる「婚活」が難しいというのは何点ですが、最近は中高年の婚活パーティーも登場しています。

年齢的に及び腰になることは理解できますが、50代からの再婚には50代なりの利点もあります。

子どもも成人やそれに近い年代になっていれば再婚に対して理解をしめしやすくなりますし、心理的な影響を考慮する負担も少なくて済むでしょう。

男性に子どもがいる場合も養育費の支払い義務も終了してトラブルになるリスクも低いと考えられます。

お互いの積んできた豊富な人生経験を生かして、先の人生を楽しむ意欲もあります。共通の趣味を極める、のんびり過ごす。独りでもできることでも、2人ならより楽しい。そんな時間の過ごし方ができるのです。

バツイチ子連れの再婚はあり?なし?

独身男女から再婚・子連れ再婚はどんなイメージで見られているのでしょうか。

子どもがいないバツイチ同士の再婚に対しては、すでにほとんどの人が当然と思っているのが現状。素直に「おめでとう、幸せになってね」と言える状況のようです。

では子連れの再婚は?というと、「好きになったら子どもがいても構わない」という意見や、男性の別れた妻が子どもを引き取っている場合の養育費が家計を圧迫するのでは?といった不安の声もあります。

と同時に、未婚の人々からはどうして離婚したのか「離婚の理由」が気になるという声も。

やむ負えない事情があって離婚したのなら新たな人生で頑張って欲しい、と肯定的ですが、理解しずらい理由や些細なことで離婚を経験した人は「どうせまた長く続かないんでしょ?」と否定的に思われているようです。

再婚が肯定的に受け取られるか、否定的に受け取られるか。それ以前の離婚の理由も判断材料になるようです。

バツイチでの子連れ再婚を成功させるには?

再婚というかたちで始める新たな人生のスタート。一度は終わってしまった結婚生活を知っているからこそ考えたいのが成功の秘訣にはどんなことが考えられるでしょうか。

独りでいる期間がそれなりにあった場合は、パートナーに合わせることが辛くなることがあるかもしれません。趣味など自分だけの時間を持ちたいタイプの人は、可能な範囲で自分の場所や自分の時間を最初からある程度設定して考えておくことはどうでしょう。

意見が食い違う出来事があったら、頭ごなしに相手を否定せずに「確かにそうだね」と一度肯定して飲み込んでから「自分はこう思うんだけど」と、意見を伝えましょう。感情的に衝突してしまってはお互いに得なことはありません。

そうやってセーブしていたとしても、人間は2人いれば喧嘩も起こるもの。そんなときのためにあらかじめルール設定しておくことをお勧めします。

「喧嘩しても次の日には引きずらない」とか、ひとしきり喧嘩しても「最後は両方が謝って終わる」などです。つまらないことで喧嘩してまた離婚だ!なんてことにならないおまじないのようなものです。

バツイチ子連れの女性と再婚した男性の本音とは

子連れ女性と再婚をして幸せに暮らす男性の体験談をご紹介しましょう。

同じ職場で働く女性はバツイチ子持ち。家事・育児をこなしつつ仕事も手を抜かない。息子の習い事も応援できるよう、定時までにキッチリ仕事を終える責任感の強さに惹かれて付き合うようになりました。

付き合うようにはなったものの、最優先は息子!とハッキリ宣言されます。自分が好きな女性が「母親」であると再認識させられる一言でした。

母と子では出かけにくかったような遠出やアウトドアなど積極的に3人で出かけたりするなど少しずつ家族として、父親としての絆を確かめていきました。

そうして2年が過ぎ「そろそろ家族にしてください」とお願いのようなプロポーズ。

その後、夫婦の間には男の子が誕生。長男はなんのわだかまりもなくかわいがってくれ、男性との親子関係も良好にすごしているそうです。

かかあ天下と笑いながらも、この男性は確かに幸せな家庭で毎日を過ごしています。

 - 結婚

ページ
上部へ